よこすか開国花火大会は、開国記念として開かれる「よこすか開国記念祭」の中で開かれるイベントの1つです。

横浜の港と街を、次々と打ちあがる大迫力のスターマインが照らし絶景です。

夜景とその他のイベントも一度に楽しめますので、行って損はない花火大会です。

今回は、そんなよこすか開国花火大会2019の開催日程や、屋台、穴場、有料席、混雑状況などを紹介していきます。

行こうと思っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク



よこすか開国花火大会2019の開催日程

View this post on Instagram

 

uc_ibd888さん(@uc_ibd888)がシェアした投稿


開国花火大会は、例年8月の第一土曜日に開催されています。

2019年も、例年通りであれば8月3日(土)が開催日です。

荒天の場合は中止になります。

花火大会の開催時間は、午後7時15分~午後7時45分の30分間です。

開国花火大会は、この短い30分の間になんと、5000発もの花火をノンストップで打ち上げます。

非常に、圧巻ですよ!

スポンサーリンク

開国花火大会の見どころ

View this post on Instagram

 

PTO325さん(@pto325)がシェアした投稿

開国花火が開かれる開国祭では、朝から「サマフェス」「バザール」「無料映画」「艦船見学」などの催し事が盛りだくさんです。

また、米海軍基地が一般開放されるなど、普段では体験できない経験ができます。(艦船見学や米海軍基地の一般開放は、米海軍の都合により変更になる場合があります)

そして、なんといっても、夜景と横浜港と花火の共演はあまりに美しく贅沢で、見る物を感動にいざないます。

花火大会自体は、短いですが行く価値のある花火大会です。

開国花火大会の屋台情報

View this post on Instagram

 

Sakiko Fukudaさん(@saki.fuku)がシェアした投稿

花火大会のお楽しみの一つである屋台は、メイン会場の「うみかぜ公園」や「三笠公園」を中心に集まります。

100店舗以上出店されるので、思い浮かべる屋台の商品は大体手に入れることができます。

他にも、米海軍基地ではアメリカン屋台が出店されます。

View this post on Instagram

 

@ebin_twinsがシェアした投稿


アメリカン屋台では、フライドチキン、ステーキ、フライドポテトなどアメリカならではのガッツリと食べられるグルメがいっぱいです。

アメリカン屋台だけで、十分楽しめそうですね。

スポンサーリンク

開国花火大会の駐車場情報

開国花火大会当日、会場周辺は交通規制が敷かれます。

専用駐車場も臨時駐車場もありませんので、できる限り公共交通機関を利用することをおすすめします。

それでも、小さなお子さんがいるなどの理由により車で会場近くまで行きたいという場合は、近隣のコインパーキングを利用します。

ただし、コインパーキングは、昼頃には満車になるので早めの到着を予定しましょう。

どうしても、駐車場がない場合は「横浜市役所北口駐車場」や「ぴぽ320市役所前地下駐車場」「イオン横須賀店駐車場」などがおすすめです。

これらの駐車場も、夕方ごろには混雑が始まりますのでお早めにご到着ください。

他にも、最寄りの横須賀中央駅周辺の駐車場マップをのせておきますので、ご確認ください。

開国花火大会会場へのアクセス方法

アクセス

京阪急行:「横須賀中央駅」(会場まで徒歩20分)

京阪急行:「汐入駅」(会場まで徒歩25分)

JR:「横須賀駅」(会場まで徒歩25分)

花火大会の開催時間が近づくにつれて混雑してきます。

公共交通機関をご利用の際も、できるだけ早めに到着するようにしておきましょう。

また利用する10日前から駐車場の予約ができる安心のサービスもあります。

当日になって駐車場探しに悩むことがなくなります。

ドラウサギ

テレビでも取り上げられて話題のアキッパを見てみる!

目的地周辺の住所や施設名を打ち込むだけで簡単に検索できます。

>>akippa

開国花火大会の混雑をさけられる穴場スポットや有料席情報

View this post on Instagram

 

Chika Takedaさん(@mikachika08)がシェアした投稿

混雑なしの穴場スポット

花火は横須賀港沖で打ち上げられるため、横須賀港周辺であればメイン会場以外でもきれいに見ることができます。

きれいに見られるのなら、混雑するメイン会場にこだわる必要はありませんよね?

では、混雑を避けられる穴場スポットを紹介していきましょう。

中央公園

なんといっても、打ち上げ場所から近いのが魅力です。
メイン会場を少し移動するだけで、ゆったりと迫力ある花火が楽しめますよ。

横須賀米軍基地

こちらもおすすめの穴場スポットです。
基地内は広く、海に面しているのできれいに見えますよ。

猿島

毎年「猿島から開国花火大会を観る」という名前のツアーが販売されています。
料金は大人40,00円、子供2,000円です。
混雑を気にせず、会場の反対側から花火を鑑賞できます。
人気ツアーですので、ご予約はお早めに。

三春町公園

メイン会場から少し離れますが、十分迫力ある花火が見られます。
穴場中の穴場で、人があまりいませんので人目を気にせず盛り上がれますよ。

開国花火大会の有料席情報

ゆったりと見たいのなら、有料席がおすすめです。

開国花火大会では「市民協賛席」という名前で有料席が売り出されています。

2019年の席数、値段などは、未定ですが2018年は、1席2,700円(椅子席・ドリンク付き)で全2,500席が販売されました。

>>開国花火大会2019の詳細をチェックしてみる!

よこすか開国花火大会2019の屋台や混雑を避けた穴場スポット・有料席のまとめ

開国花火大会は、大変混雑することが予想されますので、できるだけ早い時間に会場入りしておくことをおすすめします。

横浜の夏の一大イベント「よこすか開国祭」と「よこすか開国花火大会」は、屋台にイベントにと楽しみも見どころもたっぷりで、1日いても飽きませんよ。

今年の夏は、あなたも素敵な思い出を作りに「よこsteamうか開国花火大会」に出かけてみてくださいね!