妊娠が分かって、赤ちゃんが産まれてくるのはとても幸せなことですよね。

でも、仕事を持っている場合、つわりは本当にツラいものです。

ほとんどの場合、つわりがもっとも重いのはお腹が大きくなってくる前。

周囲に経験者がいないと、そのツラさを分かってもらえないのも精神的にツラい・・。

先輩ママたちはどうしてきたのでしょう?

ここでは仕事を持つ妊婦さんの、つわり期の家事・仕事の両立についてまとめます。

ツラいつわりが続く中での 家事と仕事の両立は大変!

妊娠がわかって幸せな気分もつかの間、ツラいつわりの日々がやってきます。

数日で回復するわけではないので、つわりの間ずっと仕事を休むことは難しいですよね。

現代の医学をもってさえ、原因はいまだ解明されておらず、

「これを飲めば収まる」
「これをすれば収まる」

といった特効薬のようなものはないようです。

仕事では

・常に吐き気があるため、仕事に集中することが難しい
・常にダルくてやる気が出ない
・周囲からは「妊娠ったって病気じゃあるまいし」と思われている気がする

家では

・吐き気があるので、出来る限り横になっていたい
・吐き気があるのに、食事の支度など家事なんてできない
・家事ができないのは精神的にツラい

そう思ってしまう人も多いのではないでしょうか。

つわりがある中で仕事をして、やっとの思いで帰ってきて、ゴハンを作ったり掃除をしたり洗濯をしたり・・・

仕事と家事の両立は本当に大変なことです。

無理をせずに、旦那にやってもらえることはやってもらって、横になる時間を増やすなどして、自分なりの「つわりが収まりやすい方法
を見つけていきましょう。

妊娠中の仕事はいつも以上に疲れやすい。身体がツラいならムリせず相談を!

妊娠中の仕事はいつも以上に疲れやすいです。

会社には、妊娠がわかったら早めに「妊娠しました」と伝えましょう。

上司の家族経験によりますが、体調と仕事のことを配慮してくれる人もいれば、「妊娠?何か配慮が必要?」という人もいるかもしれません。

つわりは大体の方が妊娠判明直後から始まるので、妊娠が分かった時点で伝えないと、つわりの時期をツラいと言えずに過ごすことになりかねません。

上司・同僚にはきちんと相談をし、仕事の環境を整えることが大切です。

実際、つわりがひどい時期には、ありのままを伝えて、状況を分かってもらい、理解を得られるようにしましょう。

職場への往復・仕事・家事 本当に大変な時期ですが、安定期に入り、いつの間にかつわりの症状がなくなるまで、工夫と周囲への配慮で乗り切りましょう。

症状を軽減させるアイデアをあげてみます。

私がやってみたこともありますし、先輩ママから聞いたこともあります。

参考になさって、あなたの「やりすごし方」を見つけて下さいね。

職場でも自宅でも使えるアイデアです。

・気持ちが悪い時には迷わず吐いて、短時間でもスッキリして仕事に集中できるようにする。
・吐くときにツラくないよう、水分を多くとる。
・炭酸飲料を飲んで気持ち悪さを紛らわせる。
・食事に関しても、無理をせず「食べられるもの」だけを食べて過ごす。
 (栄養面や体重管理が気になっても、つわりの時期は気にしないで。私の場合は、なぜか「コンビニのナポリタン」でした)
・常にマスクをして、匂い(食べ物や他人の香水)で気持ち悪くなることを防ぐ。
・ブラジャーをゆるめる。ショーツもゆったり目のものを身に付ける。
・少しの間、パソコンの前から離れ、目をやすめる。
・肩を回したり、グッパーを繰り返したり、軽く体を動かす。
・昼休みには仮眠をとる。

などです。

上手に気分転換をしながら、なんとか定時までがんばりましょう。

職場の上司・同僚につわりが酷いことをきちんと伝える

大げさではなくありのままを伝えるのは大事だと思います。自分の状況をわかってもらえると職場での理解も得られやすいです。

会社には、妊娠がわかったら早めに「妊娠しました」と伝えましょう。
 
「妊娠していることを周囲へ報告するのは安定期に入ってから」

とよく聞きますが、仕事をしている女性の場合は、妊娠が分かった段階で報告をした方がいいでしょう。
 
つわりは大体の方が妊娠判明直後からきて、安定期ごろに落ち着くからです。

つまり、妊娠が発覚した時点で伝えないと、つわりで一番つらい時期を我慢して過ごすことになりかねないということになります。

1. 妊娠が分かった時点で職場の上司にはきちんと相談をし、仕事の環境を整える7:座る

つわりで家事ができないことも考えて、便利なサービスの利用も検討!

つわりでツラい時は、家にいる時はできるだけ体をやすませてあげたいですよね。

一方で、家事がはかどらなくて、洗濯や掃除がだんだん溜まってくる。
どうにもならなくてイライラしたり、精神衛生上もよくありません。

まずは旦那に出来ることは頼んでみましょう。
ゴハンを炊く。おかずはお惣菜を買ってくる。
これくらいならやってもらえそうですね。
独り暮らし経験者であれば、サッと何か作ってくれるかもしれません。

また、一人目の妊娠であれば、洗濯物は二人分なので、
それもお願いできるかもしれませんね。

でも、旦那が毎日定時で帰ってくることは考えにくく、
頼んでも気持ちよくやってくれる日ばかりではないでしょうし、
家事に慣れているとも限りません。

安定期に入り、いつの間にかつわりの症状がなくなるまで、
家事代行サービスの利用も視野に入れるのはいかがでしょうか。

検索するとたくさんの家事代行サービス会社が出てくると思いますが、
求めているサービスに合った会社を選んで
問い合わせてみましょう。

利用者もだんだん増えていますし、
各社とも、厳しい審査で選び抜かれ、研修を受けたスタッフが在籍しています。
アプリから依頼、キャンセル、変更など行える会社もあるようです。

依頼内容によって料金の加算があったり、消費税や交通費もプラスされますので、
最低利用時間2時間として、1回につき7000円前後がおおよその目安となります。

料金が高いように感じるかもしれませんが、

・きれいに整えられた空間
・丁寧に作られた家庭的な料理
・手際よく家事を済ませていく姿

これらを感じることが出来るのも、家事代行サービスを依頼するメリットと言えます。

つわりがなくなり、自分で家事ができるようになった時に
参考になる部分も多いかと思います。

スタッフは、同じような主婦経験を持つ人が多いので、
手を動かしながら、話し相手になってくれる可能性もありますよ。

旦那と相談して、
つわり時期の家事代行サービス利用は、家族の必要経費であると割り切って、
一度利用してみることをおすすめいたします。

つわりで家事も仕事もこなすのは可能?のまとめ

ここでひとつ、是非安心してもらいたいのは
「つわりは胎児には影響がない」ということです。
ひどい時は本当に吐いてしまうこともあると思いますが、
吐くこと自体は悪いことではありません(むしろスッキリ)。
吐いても直接胎児には影響はありません。

つわりの時期に、無理をする必要はありません。
ツラい中でも、妊婦さんが「できるだけ気持ちよく過ごす」ことを第一に考えていいと思います。

つわりの長さやピークには個人差がありますが、
平均的な時期として、妊娠8~11週ごろと言われています。
妊娠11週をすぎるあたりから、少しずつ吐き気の程度や頻度が収まっていき、
妊娠16週を過ぎたらつわりの症状が終わる方が多いようです。

こういう時は、お医者さんよりも、
先輩ママの声や、
家事代行サービスのスタッフが頼りになると私は信じています。

情報や人の手を上手に利用して、つわり時期の仕事と家事を乗り切って、
笑顔の多い妊婦さんでいてもらいたい、そう思います。