10月2日放送の名医とつながる!たけしの家庭の医学 では、下半身の筋力を鍛えるだけではダメ!転ばぬ先の一歩が出る足のセンサー改善の方法が紹介されました。

つまずき転倒を防ぐ足のセンサーを活性化する方法とは・・・

こちらでは、名医とつながる!たけしの家庭の医学 つまづき・転倒予防の足のセンサー改善法ボックスステップやり方・動画をまとめます。

スポンサーリンク


たけしの家庭の医学!足のセンサー

たけしの家庭の医学では転倒防止のための足のセンサーを鍛える方法を教えてくれました。

社交ダンスの足を交差させるときに、バランスを保つために足のセンサーが働くそうです。

足のセンサーが働く回数が多くなると機能が上がってくるとのこと。

簡単に出来る足のセンサー改善法はボックスステップ。

スポンサーリンク

足のセンサー改善法ボックスステップのやり方(動画)

ボックスステップとは、歌謡曲の振り付けにも使われる足を交差させるステップ。

足を交差させると体のバランスが崩れるため、足のセンサーが働く。

その動きを繰り返すことで足のセンサー機能が高められると考えられる。

ボックスステップのやり方はこちら。

動画でもボックスステップが、スローで紹介されていますので、参考にしてみてくださいね!

①足を肩幅に開く

②一歩目は、右足を左足の前に

③二歩目は、左足を右足の横に

④三歩目は右足を元の位置に戻す

⑤4歩目は左足を元の位置に戻す

この4歩がセット

※早ければ一週間程度で、足のセンサーの改善が期待できるとのこと。

ポイント

好きな曲などに合わせて1日5分間行う

ポイントは同じ方向だけでなく逆回りも行うこと。

慣れてきたらテンポの速い曲で行うのも効果的!

スポンサーリンク

足裏のセンサーを鍛える体操動画

こちらの動画では、足裏のセンサーを鍛える体操が2つ紹介されています。

毎日続けることで、つまづきやふらつき、転倒とはさよならしちゃいましょう♪

こちらの運動も簡単にできますので試してみてくださいね^^

たけしの家庭の医学!足のセンサー改善法ボックスステップやり方動画のまとめ

こちらでは、たけしの家庭の医学で紹介された足のセンサー改善法ボックスステップやり方を動画を交えながら紹介してきました。

足のふらつきは思わぬ怪我につながります。

足のセンサーは年齢関係なく鍛えておきましょう♪