8月14日放送のたけしの家庭の医学では竹富島の若返り法が特集されました!

離島に赴任した一人の医師によって健康が改善されたという竹富島の医療。

こちらではたけしの家庭の医学では名医も認めた食事や運動法など、竹富島の若返り法をまとめます。

スポンサーリンク



たけしの家庭の医学!竹富島


たけしの家庭の医学では、沖縄・竹富島に学ぶ『血管の老化防止』法を特集!

リゾート地として知られる竹富島ですが、観光だけでなく医学界からも熱い注目を集めているとのこと。

たった3年間で心筋梗塞や脳卒中による救急搬送の患者を80%以上も減少させたという驚異の結果をたたき出したという竹富島。

島に1つしかない竹富診療所の取り組みが放送されました。

血管の名医も認める健康をまとめて紹介します!!

スポンサーリンク


竹富島の血管若返り法①

竹富診療所のお医者さんが行ったことは、島民への健康への意識改革だったそうです。

血管の健康を損なう「たばこ」を公民館の協力のもと島から排除したとのこと。

たばこの自動販売機を完全撤去し、売店でも販売を停止してもらい島では購入できないようにした結果喫煙率は35パーセントも減ったそう。

血管の状態が悪い人などには、家庭訪問を行い意識付けを行ったそうです。

そうすることにより、健康を損なうと島の伝統が守れなくなるという危機感から島民の意識が変わってきたとのこと。

竹富島の血管若返り法②

島民の方に聞いてみると、野菜をたくさん食べるようにしたことと、豆腐を毎日食べるようにしているそう。

竹富診療所のお医者さんがすすめたのは、もずくをはじめとした海藻類やゴーヤなどぼ沖縄の伝統的な助く材を使う事。

さらに良質なたんぱく質として植物性のたんぱく質をを豊富に含む豆腐を特に推奨したそうです。

竹富島の血管若返り法③

血管を若返らせる運動療法として始めたのが、夕方のウォーキング。

日中の気温は30度以上となり紫外線の量も東京の倍近くになるという竹富島。

昼間外を出歩いているのは、自転車に乗った観光客ばかり。

夕方になると、暑い日妻の時間帯を避けて、地元の人たちがウォーキングに出るそうです。

夕方にウォーキングをするの筋肉のつく時間帯だそう。

夕方は筋肉の維持に重要な成長ホルモンが盛んに分泌されているとのこと。

筋肉は常に壊させては、再生するという新陳代謝を繰り返しています。

運動によって筋肉が分解されたときに、筋肉を再生する働きをしているのが成長ホルモン。

その成長ホルモンが、起きている時間帯の中で最も多く分泌されているのが夕方なのだといいます。

そのため夕方に運動することで、成長ホルモンが筋肉を修復し、筋肉を維持できる最適な時間なのだそう。

体内の余分な糖や脂質などを効率的に燃焼させて、生活習慣病の減少につながったのではないかと考えられるとのこと。

筋肉が保たれていると、血統やコレステロール、中性脂肪、血圧などを改善し動脈硬化の予防効果があるそうです。

ロイシン
筋肉の材料&筋肉の合成を促すスイッチの役割を果たす栄養素

ロイシンを多く含む食材は、こちら。

  • 豆腐などの大豆製品
  • 肉類
  • 魚類
  • ヨーグルトなどの乳製品

スポンサーリンク


たけしの家庭の医学!竹富島の血管若返り法のまとめ

今回はたけしの家庭の医学で紹介の竹富島の血管若返り法についてまとめてきました。

筋肉の維持に必要な栄養素であるたんぱく質をしっかりと取り入れることが大切なんですね♪