2019年5月14日放送の名医とつながる!たけしの家庭の医学では、便秘解消(秘)術や簡単に便秘を解消する方法が紹介されました。

ストレスを受けやすい人に多いという痙攣性便秘。

こちらではたけしの家庭の医学で教えてくれた痙攣性便秘の腸が開く簡単リラックス法のやり方についてまとめていきます。

スポンサーリンク



たけしの家庭の医学!電話1本で便秘を解消する方法・痙攣性便秘

たけしの家庭の医学!痙攣性便秘の腸が開く簡単リラックス法のやり方

便秘のことや回数が出ないことなど悩む考えが頭に浮かんできたら、目を閉じて深呼吸をしてふっと吐く時にその考えを流してあげると良いそうです。

そうすることで腸の痙攣が取れて出るようになるとのこと。

例えば日々の生活の中で、ふと頭の中にスッキリしたいななどと浮かんだ時。

①しっかり目を閉じて深呼吸をしましょう。

②およそ2秒かけて息を吸い込み、5秒かけてゆっくりと息を吐きます。

ポイントは、少しぐらいお通じが出なくても大丈夫と心の中でつぶやくこと。

これを続けることで閉じてしまった場が開くようになるとのこと。

スポンサーリンク

簡単リラックス法を一週間続けた結果は?

番組では簡単リラックス法を一週間続けることでの検証を行っていました。

意識して深呼吸を行うことで、 便秘解消リラックス法を実践。

その結果、便秘に悩んでいた方が健康的なバナナ便が続くようになっていました。

これまで一週間に2回程度だったお通じが、 ほぼ毎日出るようになったとのこと。

たけしの家庭の医学!電話1本で便秘を解消する方法・痙攣性便秘