2019年3月5日放送の名医とつながる!たけしの家庭の医学では、大腸がん抑制の栄養成分・昆布(利尻昆布)について紹介されました。

昆布に含まれるグルタミン酸が良いのだそうです。

こちらではたけしの家庭の医学では、京都の老舗料亭・菊乃井のダシの取り方についてまとめます。

スポンサーリンク



※こちらの記事も人気です!

こうじ水の作り方(乾燥麹)便秘や腸内環境改善 名医のTHE太鼓判

林修の今でしょ講座!どくだみ茶で便秘解消・腸におすすめどくだみ茶

林修の今でしょ講座!キムチレシピで大腸を老けさせない・食べ方!

菊乃井の昆布ダシの取り方

菊乃井のだしの材料は吸い物20人分。

材料

利尻昆布60 G

枕崎産 本枯節100 G

京都の井戸水(軟水)3.6リットル

作り方

①昆布を水に入れ火にかけます。

温度がポイント、鍋底に泡が出る程度60°で1時間。

60°で1時間に入るとグルタミン酸の抽出量は3倍増えるとのこと。

②昆布を鍋から出して一気に85°まで加熱します。

③鰹節を入れ、鰹節が沈んだらすぐに濾したら完成。

スポンサーリンク

※こちらの記事も人気です!

こうじ水の作り方(乾燥麹)便秘や腸内環境改善 名医のTHE太鼓判

林修の今でしょ講座!どくだみ茶で便秘解消・腸におすすめどくだみ茶

林修の今でしょ講座!キムチレシピで大腸を老けさせない・食べ方!

たけしの家庭の医学・大腸がん抑制の栄養成分昆布のグルタミン酸のまとめ

こちらでは、たけしの家庭の医学で紹介された大腸がん抑制の栄養成分昆布のグルタミン酸についてまとめてきました。

料亭のだしを取り入れて、お腹をキレイにしていきたいですね!