2019年3月5日放送の名医とつながる!たけしの家庭の医学では、手先・足先の冷えについて紹介されました。

冷えをほっておくと目の血流が悪くなるのだそうです。

こちらでは、名医とつながる!たけしの家庭の医学で教えてくれた冷え症改善法・タオルにぎにぎ体操のやり方についてまとえていきます。

スポンサーリンク



※こちらの記事も人気です!

しょうが緑茶の作り方・冷え性やインフル予防!サタデープラス(サタプラ)

たけしの家庭の医学・冷え症

今回のたけしの家庭の医学では、冷え症について特集。

冷え症に悩む人がツラいと感じるのは手先・足先が多いですよね。

しかし、名医が警鐘を鳴らす要注意の場所は、手足以外の目の冷えだというのです。

冷え性の方が気を付けなければならないのは、目の冷えから視神経がダメージを受け緑内障になる場合があるそう。

冷え性改善のタオルにぎにぎ体操のやり方

タオル2本とゴム2本を用意します。

①タオル1本ずつを丸めて輪ゴムで止めます。

②丸めたタオルを片方ずつ持ち、全力の3割程度の力で握り2分間キープします。

③2分たったら力を抜き、1分間何もせずに休みます。

番組では、1日1回を1週間続けていました。

スポンサーリンク

※こちらの記事も人気です!

しょうが緑茶の作り方・冷え性やインフル予防!サタデープラス(サタプラ)

たけしの家庭の医学・冷え性改善のタオルにぎにぎ体操のやり方のまとめ

こちらでは、たけしの家庭の医学で教えてくれた冷え性改善のタオルにぎにぎ体操のやり方についてまとめてきました。

続けることが大切だということなので、一日一回行う癖をつけられるといいですね!