この差って何ですか セカンドライフ年金でシニアマンション 海外移住

10月2日放送のこの差って何ですかでは、セカンドライフについて月二十万以下でシニアマンションor海外移住の特集でした。

夫婦二人合わせて月二十万以下で大満足な暮らしを送っている人たちがいるのです。

こちらではこの差ってなんですかで紹介された月20万円以下で暮らすシニアマンション or 海外移住についてまとめていきます。
[cc id=2115 title=”アドセンス2″]
[cc id=7091 title=”もくじ”]

この差って何ですか セカンドライフ

今回のこの差って何ですかでは セカンドライフの暮らし方についての特集。

海外移住とシニア向けマンション年金だけでどんな生活が送れるのでしょうか。

シニア向けマンション

シニア向けマンションの中には食堂や医療施設娯楽施設などが入った分譲マンション。

現在およそ22万人が入居。

シニア向けマンションは全国に7500棟

2年後には60万人が入居予定。

シニア向けマンションに入居される方は退職金や家を売却したお金でマンションを購入。

年金を毎月の生活にあてるという生活をしている方が多いそうです。

シニア向けマンションの住居

シニア向けマンションは五十歳から入居可能。

今回紹介されたのは、スマートコミュニティ稲毛。

今回紹介されたお部屋は1 LDK。

15畳のリビング、9畳のベッドルーム、キッチン、風呂、トイレがあり、およそ70平方メートル。

高齢者が安心して暮らせる工夫

・IH コンロ

・バリアフリー

・部屋のいたるところに手すり

・家事を10分500円て代行してくれるサービス
[cc id=2115 title=”アドセンス2″]

シニア向けマンションの昼間の過ごし方

住居の敷地内にある建物でサークル活動。

そば打ち、囲碁、ビリヤード、ソフトテニス、図書委員、イベント補助など80以上ものサークルがありいくつでも参加可能。

※これらのサークル活動費は施設管理費に含まれているとのこと。

シニア向けマンションの食事

敷地内には入居者が自由に利用できるレストランがあるそうです。

四つのレストランがあり、和食・洋食・海鮮・お肉。

これら四つのレストランで出される15種類のメニューは、全て管理栄養士が監修。

入居者は朝と夜の一日二回、朝はプレート定食。

夜は4つのレストランから好きなものを1日2食で1400円で食べることができるそうです。

この料金を月の食費に入っているとのこと。

他にも看護師が常駐する保健室もあり、入居者の体調不良などに対応してくれるそうです。

総合病院への送迎サービスもついているとのこと。

シニア向けマンションの値段は?

シニア向けマンションの値段は、1 LDK で3000万円ぐらいだそうです。

こちらのマンションは1kタイプが1100万円から購入可能。

一ヶ月の生活費は、199000円。

内訳がこちら。

施設利用費が76000円

食費が84000円

光熱費が16000円

雑費が2万3000円

[cc id=2115 title=”アドセンス2″]

海外移住

定年後に海外に移住される方が増えており、60歳以上の海外移住者は年間約18万人。

マレーシア、タイ、ハワイなどに移住する形が多いそうです。

先に住んでいる日本人が多いため、行く方も安心ということも好まれる理由の一つのよう。

海外移住・マレーシア

海外の移住先として12年連続で人気ナンバーワンのマレーシア。

マレーシア移住が人気は物価が安いこと。

また寒暖差がほとんどないため一年中過ごしやすい気候も人気だそう。

マレーシア移住・住居

クアラルンプールの高級住宅地に立つマンション。

ガードマンが24時間体制で警備。

敷地内に入っていくと中庭にはプール。

ほとんどのマンションにプールはついているそうです。

紹介してくれた方のお部屋はマンションの10階。

25畳のリビング、さらに窓からはクアラルンプールの街が一望できるそうです。

妻専用の寝室、ご主人専用の寝室、リビング、キッチン、バス・トイレ+3部屋ある⑤LDK + Mのメゾネットタイプ。

M というのはメイドさん。

マレーシアではメイドさんを雇うのが一般的だそうです。

マンションは家具付きの所が多いので、スーツケースだけでこちらに来ることができるとのこと。

[cc id=2115 title=”アドセンス2″]

マレーシア移住・家賃や生活費

こちらのマンションの家賃は6万円だそうです。

一ヶ月の生活費は、家賃・食費・光熱費・雑費で188500円。

内訳がこちら。

家賃6万円

食費7万円

光熱費3500円

雑費55000円

マレーシア移住・昼間の過ごし方

マレーシアではゴルフも1/3の値段で楽しむことができるこのこと。

65歳以上の方は交通機関もシニア割引が適用。

マレーシアと日本の時差は約1時間。

時間をあまり気にせず、お孫さんとのテレビ電話も楽しむことができるそうです。

マレーシア移住・食事

日本人会というサポートの会があり友達を作ることができるそうです。

料理の値段が安いのもマレーシアの魅力。

マレーシアは世界有数の屋台街。

様々な国の料理をリーズナブルな価格で楽しむことができるのだそうです。

ナシゴレンが約120円、焼き鳥が約100円、ミルクティーが180円、一食食べても約300円程度。

マレーシアにはイオン伊勢丹ダイソーなど日本の企業が進出しているため、日本食材も簡単に手に入れることができるとのこと。

[char no=2 char=”ポイント”]病気にかかった時なども日本人看護師がいる病院があるため安心だそうです。

そしてマレーシアでかかった医療費は日本の国民健康保険が適用。[/char]