10月16日のこの差って何ですか?では、老舗店のそば職人が教える自宅でもそば屋のようなおいしいそばの作り方が紹介されました。

こちらでは、この差って何ですかで教えてくれた乾麺の選び方、そばのゆで方、そばの洗い方、つゆの作り方をまとめます。

スポンサーリンク


この差って何ですか 自宅でもそば屋のようなおいしいそばの作り方

この差って何ですかでは、ひと手間を加えるだけで美味しさがワンランクアップする『そばの作り方』を教えてくれました!

乾麺の選び方

そばの美味しさには香りがとても重要。

そばの袋には必ず原材料名が書かれています。

一番左に書かれているものが一番配合量が多い。

原材料名が書かれている順番でそば粉が多いか少ないかが分かるので、そば粉が多いものを選びましょう。

そばのゆで方

水に乾麺を10分浸します。

麺の中に水を含ませてから茹でることで茹でムラがなくなり均一に茹でることができるとのこと。

そして麺に水分を含ませた分、茹で時間は表示より1分ほど短くすると良いそうです。

蕎麦を茹でる時は、鍋の置き方にもポイントがあるそうです。

鍋の中心をコンロのから少しずらして火を当てると良いとのこと。

火をずらすことでお湯に対流が生まれ、蕎麦がゆっくりと大きな円を描きながら鍋の中を回ることができるそうです。

全ての麺が一方向だけに流れて、うまく茹で上がるとのこと。

スポンサーリンク


そばの洗い方

茹で上がった蕎麦をザルに入れたら、氷水の入ったボウルに入れて、一度そばを冷まします。

急激に麺をしめることで、麺の外側が固まり、洗っても麺のかどや表面が傷つかずに、食べた時ののどごしや食感が良くなり美味しくなるそうです。

氷水で洗った麺を、もう一度きれいな水にさらします。

最後に綺麗な水で洗うことで、わずかな滑りも取れて食感やのどごしが、さらに良くなるとのこと。

そばつゆの作り方

そばつゆを作る時に、顆粒の和風だしでわるといいそうです。

作り方は、顆粒だし大さじ1/2をお湯で溶き、そこに水を加えて200cc のだし汁を作ります。

後は市販のそばつゆに書かれている薄め方に沿って作っていけば完成!

☆こちらの記事も人気です

>>この差って何ですか そばの食べ合わせで高血圧 免疫力 便秘を解消!

そばの健康効果について紹介されました。

スポンサーリンク

この差って何ですか そばの作り方のまとめ

こちらでは、この差って何ですかで紹介の老舗店のそば職人が教える自宅でもそば屋のようなおいしいそばの作り方についてまとめてきました。

自宅でも美味しいおそばを食べちゃいましょう♪