2019年1月15日放送のこの差って何ですかでは、キノコの健康効果について紹介されました。

ただ食べればいいってもんじゃないというキノコ。シイタケ、エノキ、まいたけと、実はそれぞれ様々な健康効果があるとのこと。

こちらでは、この差って何ですかで紹介されたキノコの健康効果についての解説とキノコレシピについてまとめます。

スポンサーリンク



キノコの健康効果

この差って何ですかでは、健康長寿食材・キノコについての特集。

きのこに含まれるアルファグルカンは免疫細胞の働きを活性化してくれるので免疫力アップしウイルスや細菌などを撃退することができるとのこと。

しかしきのこの種類によってアルファグルカンの量に大きな差があるのです。

免疫力アップに効果的なキノコは?

アルファグルカンが最も多く免疫力アップに効果的なキノコは、舞茸。

また舞茸に含まれるアルファグルカンはインフルエンザの予防にも効果的ということが分かっているそうです。

舞茸とごぼうを一緒に食べると、ごぼうに含まれるイヌリンとアルファグルカンがより免疫細胞の働きを活性化させてくれるとのこと。

舞茸とごぼうの作り置きレシピ・舞茸とごぼうの簡単きんぴら

今回はご家庭によくある600ミリリットルの保存容器に入る量を作っていきます。

材料

舞茸2パック

ごぼう一本

醤油大さじ2

みりん大さじ2

作り方

①.ごぼうは皮ごと薄切りにし、水にさらしてサッとアク抜きします。

②舞茸は包丁で切らずに手でさいていきます。そうすることで味が染みやすくなるとのこと。

③フライパンであく抜きしたごぼうを中火で約2分間炒め、そこに切った舞茸を加え約30秒炒めます。

④水 大さじ2杯をフライパンに加え、醤油大さじ2杯・みりん大さじ2杯・水大さじ2杯を加えたら汁気がなくなるまで炒めて完成です。
水を加えることで蒸し焼きになり早く火が通ります。

容器に入れて冷蔵庫で保存すれば5日ほど美味しく食べられます。

舞茸とごぼうのきんぴらを使ってパスタにしても良いそうです。

その際はバターを加えて炒めると良いとのこと。

高血圧予防に効果的なキノコは?

糖分や油を摂りすぎると血管に塊ができてしまい血液がドロドロになってしまい血流が悪くなり血圧が上がってしまうそうです。

さらに冬場は運動不足が原因で血液がドロドロになりやすいため血圧が高い人は要注意の季節!

きのこに含まれるグアニル酸は、血管内の血液の塊を分解してくれるので血液がサラサラになり血圧を下げることができるとのこと。

グアニル酸が最も多く高血圧予防に効果的なキノコは、シイタケ。

数値で見ても干し椎茸にはダントツにグアニル酸が含まれているそうなんです。

グアニル酸をアップさせる干し椎茸の戻し方

グアニル酸は10°から50°だと分解されて減少をしてしまうため氷水で戻すと良いとのこと。

お湯で戻すとせっかく入っているグアニル酸が減ってしまうためもったいないですよ。

水温5度以下で戻すとグアニル酸を多く残すことができるそうです。

さらに干し椎茸は、お湯で戻しても氷水で戻しても、戻し時間はほとんど変わらないとのこと。

やり方としては氷水などに浸し、冷蔵庫で戻すのがおすすめ!

そして、しいたけは生姜と一緒に食べることで健康効果がアップするとのこと。

動画に含まれるジンゲロールは血管を広げる作用があり血圧が下がり、しいたけの血液サラサラ効果と合わさることで、より血圧の上昇を抑えることができると言われているそうです。

椎茸と生姜のアヒージョの作り方

材料

干し椎茸 10枚

生姜30 G

アンチョビ6枚

オリーブオイル大さじ8

赤唐辛子2本

にんにくひとかけ

作り方

①氷水で戻した干し椎茸の軸を切り落とし、4等分に切っていきます。
大きめに切ることでしいたけの食感を残していきます。

②しょうがを薄切りにし、さらに半分に切っていきます。

③にんにくをみじん切りにします。

④フライパンにオリーブオイルを入れ、にんにくを加えたら弱火で加熱しオリーブオイルにニンニクの香りをつけていきます。

⑤赤唐辛子とアンチョビを入れ、油から良い香りがたってきたら椎茸と生姜を加えます。
弱火でじっくりと加熱することでしいたけがふっくら柔らかく仕上がるそうです。

しいたけは強火で加熱すると硬くなってしまうため弱火調理!

⑥弱火で7分ほど加熱したら完成!!

こちらも容器に入れて保存すれば1日程度美味しく食べることができるそうです.

アヒージョなのでパンにのせて食べるのももちろん美味しいですが、焼き飯に入れても良いとのこと。

スポンサーリンク

疲労回復に効果的なキノコは?

寒さが厳しいこの時期は、体温調節に多くのエネルギーを使うため、実は体が疲れやすくなっているそうです。

そんな疲れを癒すため糖分を取る方が多いですが、糖分だけでは体のエネルギーにはなりにくいとのこと。

糖分を効率よくエネルギーに変えるにはきのこなどに含まれているビタミン B 1が必要。

ビタミン B 1は糖分がエネルギーに変換するのを助けてくれるので疲れた体を回復することができるのだそうです。

ビタミン B 1は最も多く疲労回復に効果的なキノコは、えのき。

なかなか疲れが取れない方はご飯や炭水化物などの糖質と一緒にえのき茸を食べると疲労回復に効果的。

さらにえのき茸はニンニクと一緒に食べることで疲労回復効果が高まる食べ合わせ。

にんにくにはビタミン B 6が多く含まれ、エノキタケのビタミン B 1の働きを助けるため、多くのエネルギーを作ることができるようになるとのこと。

エノキタケとニンニクの特製ダレのレシピ

疲労回復に効果があるえのき茸とニンニクの作り置きレシピも紹介してくれました。

材料

えのき茸一株

長ネギ50 G

すりおろしにんにく5 G

砂糖小さじ1

ごま油大さじ1

醤油大さじ3

作り方

①えのき茸を細かく切り、耐熱ボウルに入れたらラップをかけて電子レンジ600ワットで2分間加熱します。

②加熱したえのきに、砂糖・お醤油・長ネギのみじん切り・すりおろしにんにくを入れて、1分ほど熱したごま油をニンニクとネギの上にかけて出来上がり!

熱したごま油をかけることによってニンニクとネギの香りが引き立つとのこと。

容器に入れ保存すれば、5日ほど美味しく食べることができるそうです。

この特製ダレは豆腐にかけたり、蒸し鶏にかけたり餃子にかけても美味しくいただけるそうですよ♪

さらにおすすめの食べ方として紹介されたのが、餅にかける食べ方・特製ダレ絡め餅。

そして、大切なポイント保存法。

きのこ類は保存方法によって栄養成分の量が変わってくるのだそうです。

きのこの栄養成分をより多く得られる保存方法は?

きのこの保存場所は冷凍庫が良いそうです。

きのこは細胞壁が固いため、栄養成分が中に閉じ込められています。

冷凍することで中の水分がどんどん向上していくことで細胞壁が壊れ栄養成分が料理の中にたくさん出てくるとのこと。

健康が気になる人は、キノコの冷凍保存がおすすめ!

スポンサーリンク

この差って何ですか!キノコレシピやきのこの健康効果のまとめ

こちらでは、この差って何ですかで教えてくれたキノコレシピやきのこの健康効果についてまとめてきました。

ぜひ試してみてくださいね!