2018年12月4日放送のこの差って何ですか?では、脳年齢・実年齢と身体年齢の差について紹介されました。
最近では体のパーツごとに様々な本が紹介されていますよね。
こちらではこの差って何ですかで紹介された脳年齢のセルフチェック方法についてまとめていきます。

スポンサーリンク



この差って何ですか・脳年齢

この差って何ですかでは、脳年齢についての特集。

脳年齢が老けている状態とは、記憶する力が衰えている状態のことを言うそうです。

立ち上がった瞬間、何をしようとしたか忘れてしまったり、何回も会った人の名前が出てこないなどがある場合には、脳年齢が老けている可能性があるとのこと。

脳年齢が老ける原因は

脳年齢が老けてしまう原因は、脳が新しいことを経験しなくなるということだそうです。

年を取ると新しいことに出会う機会が少なくなるため脳の成長が止まってしまい、脳年齢が老けてしまうとのこと。

それを放置したままにしていると気づかないうちに認知症になっていることもあるそうです。

若い頃から物忘れがひどいという人は認知症になりやすいそう・・・

若い頃から記憶力が弱い人は脳の海馬が成長していないことがあるそうで、記憶が苦手な状態だそう。

しかし記憶力は鍛えて成長させることができるとのこと。

スポンサーリンク

脳年齢のチェック方法

脳年齢をチェックする方法は記憶力チェックです。

この差って何ですかでは、 VTR が流れ芸人ノッチ夫婦の日常会話を見ていきました。

そしてその映像の中から、食卓に何が置いてあるのか、どのような会話をしていたのかなど7問出題。

問題の正解数でどのようにの年齢を判断するのでしょうか。

全問正解で20代。

6問正解で30代

5問正解で40代。

4問正解で50代。
2~3の正解で60代。

1問正解で70代。

全問正解で80代以上。

脳年齢が老けていた場合の対処法

実年齢よりも脳年齢が10歳老けていると、かなり脳のマンネリ化が進んでいるそうです。

脳のマンネリ化が進むと記憶力がどんどん低下するそうです。

旅行に行くなど新しい刺激を脳に与えることが大事。

他にも例えばスーパーに行く道を変えてたり、作ったことがない料理にチャレンジするなど脳に刺激を与えていくといいそうです。

脳年齢が20歳以上老けていた形はかなり記憶力が衰えているため一度専門医に相談した方が良いとのこと。

普段から記憶する習慣がないのではないかとの見解でした。

スポンサーリンク

脳年齢を若返らせるトレーニング方法

脳年齢を遅らせるトレーニングも教えてくれました。

やり方は両手で別の動きをする。

右手は左脳つかい左手は右脳を使うため、両方使うことが脳年齢を若返ることにつながるそうです。

①右手をグーにして左手をパーにします.

②右手は上下に動かし、左左手は前後に動かします。

③、①②を同時に行います。

動きができるようになったら左右の手を入れ替えてチャレンジ!

そうすることで脳の普段使っていない部分を鍛えることができるそうです。

この差って何ですか【脳年齢のチェック方法・脳年齢を若返らせるトレーニング】のまとめ

こちらでは、この差って何ですかで紹介された脳年齢のチェック方法や脳年齢を若返らせるトレーニングについてまとめてきました。