2018年12月4日放送のこの差って何ですか?では、肺年齢・実年齢と身体年齢の差について紹介されました。
最近では体のパーツごとに様々な本が紹介されていますよね。
こちらではこの差って何ですかで紹介された、肺年齢のセルフチェック方法についてまとめていきます。

呼吸筋を鍛えるトレーニング・剣道トレーニング方法も紹介!

スポンサーリンク



この差って何ですか・肺年齢

今回のこの差って何ですかでは、肺年齢についての特集。

肺年齢が老けている状態とは、息を吐く力が弱くなっている状態のことをいうそうです。

実は呼吸は息を吸う力よりも吐く力の方が大事なのだそう。

肺年齢が老けたままにしておくと、普通に呼吸することも苦しくなって、寝たきりになってしまうこともあるとのこと。

肺年齢のチェック方法

息を吐く力が大事になるため、息を吐く力がどのくらいあるかを見る吹き矢のチェックだそうです。

実際は病院の肺機能検査というもので、正確に測るのが本来のやり方ですが今回は自宅でできる簡単な方法を教えてくれました。

①30センチサイズのラップの芯を使用します。

②ラップを20 CM 引き出しに丸めたものを玉に使います。

③ラップの芯に丸めたラップを詰めます.

④指の第一関節が入るあたりまで押し込みます.

⑤思い切り吹いて玉がどれだけ飛ぶかで肺年齢を測定します.

測定するのを玉が転がったところまでの場所ではなく、落下した場所の飛距離になります。

ポイント


①吐く息が漏れないようにしっかりと咥え込みます。
②ラップの芯を地面と水平にすること。

そして肺年齢の判断基準は、180 CM 未満で80代以上。

180 CM で70代。

190 CM で60代。

200 CM で50代。

210 CM で40代。

225 CM で30代。

240 CM 以上で20代。

スポンサーリンク

肺年齢が老けていた場合の危険

実年齢よりも肺年齢が10歳老けていた場合、咳が止まらなかったり、喘息などの可能性があるそうです。

肺年齢が20歳以上老けていた場合は肺呼吸器以外の病気の可能性があるため、呼吸器科や内科の受診も検討してみてほしいとのこと。

呼吸筋を鍛えるトレーニング・剣道トレーニング

肺自体を鍛えることは難しいため、息を吐く力をサポートする呼吸筋を動かして吐く力を鍛えることが大切だそうです。

名医のおすすめは剣道トレーニング。

この剣道トレーニングには、先ほど使用したラップの芯を竹刀に見立てて行います。

ラップの芯をしないに見立て大きく素振りをすることで、下半身を大きく動かし呼吸筋を鍛えることができます。

その時に大事なのか呼吸法。

①ラップの芯を下げた状態で鼻から息を吸い込みます

②5秒かけて息を吐きながら一度ゆっくり素振りをします

息を吐きながら腕を上げハゲすることでより呼吸筋に負担がかかるため肺年齢を若返らせるのに効果的。

スポンサーリンク

この差って何ですか【肺年齢のチェック方法・呼吸筋を鍛える剣道トレーニング】のまとめ

こちらでは、この差って何ですかで紹介された肺年齢のチェック方法・呼吸筋を鍛える剣道トレーニングのやり方についてまとめてきました。