2019年1月25日日放送のNHK・助けて!きわめびとでは、子供の習い事についての悩みが紹介されました。

どうしたら子供の人生を豊かにする習い事になるのでしょうか。

こちらでは、きわめびとで教えてくれた子供の習い事についてまとめていきます。

スポンサーリンク



きわめびと・子供の習い事の最新情報

今回のきわめびとでは、小学生の人気の習い事ベスト10が紹介されました。

  1. 水泳
  2. 英語・英会話
  3. ピアノ
  4. 書道
  5. 学習塾・幼児教室
  6. 体操
  7. サッカー
  8. そろばん
  9. その他のスポーツ
  10. ダンス・空手

1人当たりの習い事の平均数は、1.92個。

1人当たりの毎月の習い事費用の平均が、1万3091円になるそうです。

出典:2017年「ケイコとマナブ」子供の習い事ランキング

2020年から新学習指導要領がスタートすることで、プログラミング教室も人気が出ているとのこと。

※求められるのは、主体的で対話的な学びになってくるそうです。

ポイント

今回の極意は3つ。

①家庭の事情に合わせて選ぼう!
②自分の時代とは違うと心得よ!
③なぜ習うかをつきつめよ!


スポンサーリンク

習い事の悩み

習い事の悩みといえば、何をどれだけ習うのか?お金や時間のやりくりが難しかったりしますよね。

友達と遊ぶ時間もなく、習い事に生活が縛られてしまうということもあるようです。

さらに、習い事をどのタイミングで卒業させるのか…辞め時がわからないという悩みも。

解決策としては・・・

①何を習うかは子供に選ばせる。

②夢中になるものはやらせてあげる。

習い事を始めるときの指標

  • 本気度
  • どれくらいのレベルを目指すのか?

  • お金
  • 上限の目安を決めておく

  • 時間の拘束
  • 送り迎えなどの時間や振り替えはあるのか?

  • 指導者の経歴
  • プロに教えてもらうのか?地域のボランティアのような方に教えてもらうのか?

  • 本人の性格

物おじしない子であれば、大きな教室でがやがやしている中でもやっいけるかもしれないが、おとなしいこの場合、こじんまりしたところの方が自分を出して生き生きできるなど。

習い事を始める前に決めておきたい重要なこと

習い事は、はじめる段階で、子供を絡めて辞め時を話し合っておくことが重要だそうです。

目標や期限を決めておくことがポイント!

やめ方を間違えてしまうと、その習い事や親子関係に悪いイメージを残してしまう場合があるとのこと。

節目節目で話し合うことで、目標を達成した状態でやめることができるのだそう。

子供の習い事にむきあう親の極意

習い事は、早期職業訓練ではないので、習い事の奥にあることを学んだり、子供自身が好きな気持ちを周りに伝えること、また親が子どもをじっくり観察することが大切とのこと。

その習い事を通して、どういうことを学んでほしいか?親子で話し合うようにすると良いそうです。

スポンサーリンク

きわめびと(NHK)子供の習い事・子供の人生を豊かにする習い事のまとめ

こちらでは、きわめびとで紹介された子供の習い事・子供の人生を豊かにする習い事についてまとめてきました。

親子の意見が分かれる前に、前もった話し合いが大切なのですね!