きわめびと・簡単な出汁の取り方!昆布 鰹節だしのアレンジレシピ

2019年2月23日の助けてきわめびとでは、だし愛好家の梅津有希子さんが簡単な出汁の取り方やアレンジレシピを教えてくれました。

出汁を取るのって意外と面倒で…やっていないという方も多いのではないでしょうか。

こちらでは、きわめびとで教えてくれた、2分でできる簡単な出汁の取り方やアレンジレシピをまとめます。

[cc id=14023 title=”リンクユニット(アド)”]
[cc id=7091 title=”もくじ”]

きわめびと・だし特集

今回のきわめびとでは、だしについての特集。

だし生活のポイントは3つです!

  • 2分ではじめるだし生活
  • 出汁を効かせて塩分カット
  • 黄金ペアで旨味倍増

簡単な出汁の取り方

簡単な出汁の取り方は、コーヒードリッパーや水だけでできちゃいます。

昆布だしとかつおだしで簡単に2分で合わせ出汁も作れます。
[cc id=2115 title=”アドセンス2″]

かつおだしの取り方

材料(1人分)

鰹節 約5 G

熱湯 約150ミリリットル

普段使いには花かつお、本格料理には本枯節を使うと良いとのこと。

作り方

①コーヒードリッパーに鰹節を入れます。

②後は熱湯を注ぐだけでかつおだしの完成!

昆布だしの取り方

材料(1人分)

こんぶ 20 G

水 1リットル

初心者でも簡単に声出しが取れるのは真昆布や羅臼昆布。

香りがよく澄んだだしが取れるのが利尻昆布。

日高昆布は、比較的手頃な価格で柔らかく食べやすいとのこと。

作り方

①昆布を水につけ冷蔵庫の中に一晩から二晩入れておくだけで完成。

昆布の出汁を冷蔵庫に入れておく癖がつけば、出汁をとる手間を考える必要もなくいつでも使えてとても便利!

一週間は保存可能ですが、ぬめりが気になる人は昆布を早めに取り出すと良いとのこと。

[cc id=2115 title=”アドセンス2″]

出汁を使ったアレンジレシピ

だしと言えば和食をイメージすると思いますが、組み合わせ次第でイタリアンや中国料理・フレンチなどにも応用することができるのだそうです。

だしは合わせることで甘みが倍増!

かつおだしのイノシン酸と玉ねぎのグルタミン酸を合わせた和風だしカレー。

昆布だしで作ったインスタントラーメンは、昆布だしのグルタミン酸と鶏がらのイノシン酸が組み合わさりコクと旨味がアップ。

だしフレンチトースト

材料(パン4枚分)

卵4個

かつおだし200ミリリットル

醤油小さじ2

みりん小さじ2

スライスチーズ4枚

バター適量

作り方

①材料を全てボウルに入れ卵液を作ります。

②卵液に食パンを付けます。

③フライパンにバターを入れパンを焼いていきます。

④最後にチーズをのせて溶かしたら完成!

[cc id=2115 title=”アドセンス2″]

※こちらの記事も人気です!
https://riratoreblog.xyz/%E3%81%82%E3%81%97%E3%81%9F%E3%82%82%E6%99%B4%E3%82%8C%E4%BA%BA%E7%94%9F%E3%83%AC%E3%82%B7%E3%83%94-%E8%AA%BF%E5%91%B3%E6%96%99%E3%81%AE%E6%B4%BB%E7%94%A8%E6%B3%95%E3%82%84%E3%81%BF%E3%81%9D%E3%81%AE/

きわめびと・簡単な出汁の取り方!昆布 鰹節だしのアレンジレシピのまとめ

今回のきわめびとで紹介された簡単な出汁の取り方や昆布だしかつおだしのアレンジレシピをまとめてきました。

だしは義務感でとっても続かないということなので、簡単にできる方法で長く続けていきたいですね。