2019年9月2日放送のNHK・きょうの健康では、これだけ腰痛体操を紹介!

こちらではNHK・きょうの健康で教えてくれたこれだけ腰痛体操のやり方をまとめます。

※腰部脊柱管狭窄症の人は行わないでください!

スポンサーリンク





これだけ腰痛体操のやり方

①足を肩幅よりやや広めに開きます。

②腰のベルトの位置からお尻の方向に向けて手を当てます。

③手の付け根の部分で骨盤を前に3秒間押し込みます。

押し込む際のポイントは肘を内側に寄せることだそうです。

・膝は曲げないように注意してください。

・重心はつま先におきます。

・目線は斜め30°から40°。

④息を吐きながら行いましょう。

腰痛体操を行っている時に痛みが出ても、体操後に痛みが引けば良くなる可能性があるとのこと。

※お尻から太ももに痺れ痛みが出たら体操を中止してください。

椎間板ヘルニアに脊柱管狭窄症の症状も合併している可能性があるため、ドローイン(体幹を鍛える体操)だけを行うようにすると良いそうです。

きょうの健康NHK/これだけ腰痛体操のやり方・腰痛予防の体操9/2のまとめ

こちらではNHK・きょうの健康で教えてくれた腰痛予防の体操・これだけ腰痛体操のやり方をまとめてきました。

腰痛対策の体操できちんとケアをしていきたいですね!