8月22日放送の梅沢富美男のズバッと聞きます!で話題のきくち体操に副作用はあるのでしょうか?

きくち体操は、別名:いのちの体操ともいわれるのだそう。

こちらでは、きくち体操の副作用についてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク



きくち体操とは、どんな体操?

きくち体操とは、どんな体操なのでしょうか。

考案者である菊池和子さんが、体はどこをどう動かしていけば、どのように良いのか?という研究を50年以上もの間、研究し実践を重ねた結果生み出された体操が「きくち体操」だそうです。

きくち体操の体つくりでは、各々が「自分にとって大切なのは何か?」を考えながら、さらに良くしていくための感性を育てていくことを目的としているとのこと。

けしてムリをして大変な運動をしなさいというものではなく、それぞれが自分に合った動きを身に付けて行くといったところでしょうか。

毎日体操を続けることで、積み重ねる精神力を身に付けて行きます。

そうすることで、最後まで自立し健康な体を保つということに繋がっていくそうです。

スポンサーリンク


きくち体操に副作用はある?

きくち体操に関して調べてみると、副作用という言葉が出てくるのですが、体操で副作用というのは聞いたことがないので、調べてみることにしました。

きくち体操の動きを見てみるとわかるのですが、アクロバティックな動きがあるわけではなく、ゆっくりとした体操です。

きくち体操を調べてみても、副作用らしいものは見つけることはできませんでした。

きくち体操は、何か服用するといったものではありませんから副作用は考えにくいのですが…

しかし、シニア世代の方を中心に話題になったということもあり、無理をしてしまい体を痛めてしまったということがあったかもしれません。

きくち体操は、人よりも多く動かせばいいというものでもありませんし、自身の身体との対話をしながら進めていく体操です。

つい思い切った動きをしてしまい、腰痛が出たり、肩こりが出たりといったことが無かったとは言い切れません。

そういったことが「副作用」という噂に繋がってきたのかもしれませんね。

さらに病気療養中の方が、薬の副作用があり大変な中、きくち体操が良いと聞き、自分のペースで実践されているという現状もあるようです。

そういったことから、薬の副作用と混同されてしまったのかもしれません。

もし副作用があるとするならば、考案者である菊池和子さんが80代だというのに、見た目が若すぎるというところかもしれません♪

そう考えると、いつまでも若さを保つために「きくち体操」は大いに役立っているのではないかと考えられますね。

スポンサーリンク


きくち体操の副作用のまとめ

今回は梅沢富美男のズバッと聞きますで紹介された「きくち体操」の副作用について調べてきました。

副作用については、今のところ重大なものというのは見当たりませんでした。

きくち体操は、自分で調節しながらできる体操です。

初めから無理をしないで、長く続けることが大切ですから、少しずつ続けるようにしてくださいね。

きくち体操のやり方動画!効果や口コミは?梅沢富美男のズバッと聞きます