2018年11月5日放送のあさイチでは、「正しい謝り方」謝罪の極意が紹介されました。

どうやって謝罪すれば、しこりを残さず円満に解決できるのか…

こちらでは、あさイチで紹介された「謝罪のプロ」に謝り方の基本とテクニックなどまとめていきます。

スポンサーリンク



あさイチ・謝罪の極意


あさイチでは、円満に解決する謝り方の極意が紹介されました。

今回教えてくれたのは、謝罪の達人・元芸能事務所マネージャー竹中功さん。

数々の謝罪会見を仕切ってきたという人物です。

さらには竹中さんが執筆した謝罪のマニュアル本も大人気なのだそうです。

竹中さん曰く謝罪の際に外してはならない二つのポイントがあるそうです。

謝罪のポイント

①相手の気持ちを聞く場所である。

謝罪をする場合に自分の気持ちを話してしまいたくなりますが、相手の気持ちを聞くことが大事だそうです。

②謝罪のシナリオを作る。

ハッピーエンドに向かっていくためのシナリオが大事だそうです。

シナリオと言っても台本通り喋るという意味ではなく話の順番を整えること。

順番として紹介されたのがこちら。

  • 挨拶
  • こうなった経緯
  • 今の気持ち
  • 謝罪
  • これからの改善点

謝罪の際に気をつける動き

  • 目は相手を見る。
  • 口はしっかり結ぶ。
  • 頭を動かさない。
  • 腕は組まない。
  • 体を相手に向ける。

相手の印象を決めるのは、1秒未満で決まるとのことなので見た目は重要だそうです。

スポンサーリンク

子供のトラブルの謝り方は?

子供のトラブルは、親も一緒に謝りに行くべきなのか。

こちらは、まず子供が謝ることが大事だそうです。

トラブルの内容にもよりますが、まずは子供に謝ることを教えた方が良いとのこと。

その上で親も心配しているようであれば、謝罪を入れた方が良いそうです。

代わりに親が謝りに行くのではなく、本人が謝るというクセをつけるのも大事。

自分が悪くないけれど謝罪しなければならない時

自分事として捉えて謝罪することが必要だそうです。

良好な関係を結ぶための目的なので、他人ごとではなく自分事として捉えることか大事とのこと。

スポンサーリンク

あさイチ!謝罪の極意・正しい謝り方のまとめ

こちらでは、あさイチで紹介された謝罪の極意・正しい謝り方についてまとめてきました。

しこりを残さないために正しい謝罪をしていきたいですね。

あさイチ!謝罪の手土産(ママ友や友人・子供・親族・会社関係)