2018年11月20日放送のあさイチでは、落合務シェフのとろ~り!チーズハンバーグの作り方・レシピが紹介されました。

イタリア料理界のトップシェフ・落合務さんの作る子どもも喜ぶチーズインハンバーグ。

こちらではあさイチで教えてくれた落合務シェフのチーズハンバーグレシピ・作り方についてまとめます。

スポンサーリンク



あさイチ!落合務シェフのオレのハンバーグ

今回のあさイチは、あふれる肉汁から目がはなせない…「簡単&絶品のハンバーグレシピ」を紹介!

落合務シェフが作るオーソドックスな食材・ひき肉に卵、タマネギを使った王道の「とろ~り!チーズハンバーグ」。

チーズが3か所も入ったハンバーグだそうですよ^^

そして、グラニュー糖と赤ワインビネガーで作る本格ソースは見逃せません♪

落合務シェフのチーズハンバーグレシピ・作り方

落合務シェフのチーズハンバーグの作り方レシピはコチラ!(2人前)

①まずは、付け合わせの下ごしらえをしていきます。ボールに入れた、しめじ・まいたけ・エリンギなどに塩を振って、手で混ぜて2,3分おきます。

②合挽き肉に玉ねぎのみじん切り、パン粉、全卵1個、塩コショウ、パルメザンチーズを入れて、よく混ぜていきます。

ひき肉はお好みでよいとのこと。

よく揉むことによって粘りが出てくるため、割れにくいそうです。叩くことで空気を抜いてきます。

③お肉を4等分し、少し手に油をつけてハンバーグの形を作っていきます。

④2つのハンバーグの間に、チーズを挟んで真ん中をへこませ形成します。

⑤にんにくオイルで4分~4分半ほど中火で焼いていきます。

焼いた時に出る、余分な油はフライパンから出して捨てます。

⑥ハンバーグをひっくり返したところで、先ほど下味をつけたキノコを入れ弱火で蓋をして5分ほど焼きます。

次に、ソースを作っていきます。ソースの決め手は、グラニュー糖と酢で作ったガストリック。

⑦フライパンにグラニュー糖を入れ、火にかけていきます。グラニュー糖が溶けて少し色がついてきたら(焦げ臭くなる寸前)、赤ワインビネガー(お酢は、白ワインビネガーでも果汁でもOK)を入れて(お好みで)飛ばします。さらに、水と固形スープの素を入れて、半量になるまで煮詰めていきます。

⑧ハンバーグから透明な汁が出てきたら、溶けるチーズをのせ蓋をして1分ほど蒸し焼きにします。

⑨小麦粉とバターを少し馴染ませてから、ソースに入れて余熱で溶かしていきます。バターが溶けたら、火をつけてパルメザンチーズを入れます。

⑩ハンバーグをお皿に盛り付け、残ったきのこは胡椒とバターで1分半ほど炒めてから盛り付けます。ソースをかけて、温泉玉子をのせたらチーズインハンバーグの完成!

ガストリックソース

ガストリックソースは、カレーやシチューの仕上がりに入れたり、コーヒーやビールに入れてもいいそうです。

スポンサーリンク

※こちらの記事も人気です!

>>あさイチ!中嶋貞治シェフのまかないハンバーグレシピ・作り方

メレンゲの気持ちで紹介された落合務シェフのレシピ

メレンゲの気持ちで紹介された落合務シェフのレシピも人気です!

>>メレンゲの気持ち落合務シェフレシピ トマトパスタ&豚肉のタリアータ

あさイチ!落合務シェフのチーズハンバーグレシピ・作り方のまとめ

こちらでは、あさイチで教えてくれた落合務シェフのチーズハンバーグレシピ・作り方についてまとめてきました。