2019年1月15日放送のあさイチでは、オトナの人間関係術・手土産の選び方について紹介されました。

こちらでは、あさイチで教えてくれた手土産についてまとめます。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

オトナの人間関係術・手土産の選び方

今回のあさイチでは、大切なかたへの手土産の選び方について紹介されました。

手土産の気遣いのポイント・意外性と華やかさ

気遣いのポイントを一つ目は、意外性と華やかさ。

新年なので縁起のよさそうなものや華やかさがあるものが良いそうです。

例えば包装紙でも華やかな柄のあるものや、中を開いた時に会話が弾むような色とりどりなものを選ぶのも!

ピンクやブルーなどの様々な色合いで見た目も美しい「もなか」が紹介されました

amemiyaのもなか12個入り2009円(税込)

手土産の気遣いのポイント・価格帯

二つ目の気遣いのポイントは価格帯。

贈る相手に気を使わせないことが大切だそうです。

2000円から3000円の価格が良いのではないかとのこと。

大切なのは思いやりなので高いものならいいというわけではないそうです。

手土産の気遣いのポイント・ひと手間が感じられるもの

気遣いのポイント三つ目は、ひと手間が感じられるもの。

東京文京区のクリマディトスカーナで取り扱っているマロングラッセが紹介されました。

こちらは6個入りで2808円(税込み)

時間のかかる手作りでわざわざ予約してリストランテまで足を運ぶ、さらに金箔が乗って豪華な逸品を選ぶことで相手へのおもてなしを伝えているとのこと。

その他予約が大変だったり、行列に並ぶなど、ちょっとした心遣いが大事なんだそうです。

スポンサーリンク

あさイチ・手土産の選び方 大切な方への手土産の予算や気をつけるポイントのまとめ

こちらでは、あさイチで紹介された手土産の選び方 大切な方への手土産の予算や気をつけるポイントについてまとめてきました。

手みやげ選びの参考にしてみてくださいね♪