2019年1月7日放送のあさイチでは、基本の調味料・みそ特集!

意外と知らない味噌の保存法を紹介。

味噌を作るメーカーでも、味噌の保管場所や色の変化についての問い合わせが多いのだそうです。

こちらではあさイチで紹介された味噌の保存方法・冷蔵?冷凍?意外と知らない保存方法についてまとめていきます。

スポンサーリンク



※こちらの記事も人気です!

href=”https://riratoreblog.xyz/%E3%81%82%E3%81%95%E3%82%A4%E3%83%81%E3%80%90%E5%91%B3%E5%99%8C%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%AE%E7%89%9B%E9%8D%8B%E3%81%AE%E4%BD%9C%E3%82%8A%E6%96%B9-%E3%82%AB%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%BC/” rel=”noopener” target=”_blank”>あさイチ【味噌ベースの牛鍋の作り方 &カマンベールとみそ焼きのレシピ】

>>あさイチ【みそ焼きおにぎりの作り方レシピ・佐々長醸造こだわりの味】

>>シューイチ【おにぎりの握り方・ミシュランおにぎり浅草宿六】

正しい味噌の保存方法

味噌に入っている白い紙

まずは味噌のパックを開けたときにかぶせてある白い紙。

これは脱酸素剤が味噌の中に埋まらないようにしている紙なので捨ててしまってよいそうです。

味噌は酸素に触れると色や風味が悪化してしまうため、それを防ぐために脱酸素剤が入っています。

しかし、一度開けてしまうとその効力はなくなるため捨ててOK。

その代わり食品用ラップを味噌の表面にピッタリとつけてかぶせておくと良いとのこと。

味噌の保存場所

味噌にベストな保存場所は、冷蔵庫または冷凍庫。

味噌は温度が上がると、徐々に色が黒くなっていきます。

温度が低い場所では色の変化が押さられるのだそう。

冷凍庫に入れても凍らないので、そのまま使えるため便利!

味噌は本来保存食品のため、安全に食べられる期間が長いもの。

2018年の8月から賞味期限が12カ月に伸びたそうです。

スポンサーリンク

※こちらの記事も人気です!

href=”https://riratoreblog.xyz/%E3%81%82%E3%81%95%E3%82%A4%E3%83%81%E3%80%90%E5%91%B3%E5%99%8C%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%AE%E7%89%9B%E9%8D%8B%E3%81%AE%E4%BD%9C%E3%82%8A%E6%96%B9-%E3%82%AB%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%BC/” rel=”noopener” target=”_blank”>あさイチ【味噌ベースの牛鍋の作り方 &カマンベールとみそ焼きのレシピ】

>>あさイチ【みそ焼きおにぎりの作り方レシピ・佐々長醸造こだわりの味】

>>シューイチ【おにぎりの握り方・ミシュランおにぎり浅草宿六】

あさイチ【味噌の保存方法・冷蔵冷凍意外と知らない保存方法】のまとめ

こちらでは、あさイチで教えてくれた味噌の保存方法・冷蔵冷凍意外と知らない保存方法についてまとめてきました。

冷凍保存でもいいなんて知らなかったので、試してみたいと思います♪