2019年1月4日放送のあさイチでは、テーマは「東洋医学」体の不調に効くという四つのツボが紹介されました。

こちらではあさイチで教えてくれたツボについてまとめます。

スポンサーリンク



ポイント

ツボ押しの注意点
腫れているところは押さない

いきなり強く押さない

イタ気持ちいいところでとめる。

合谷のツボ・頭や肩、歯など


合谷のツボは頭や歯など、首から上の痛みなどの解消。

場所は人差し指と親指の骨が交わるところから少し内側nの部分。

①痛気持ちいいところで3秒ほどキープ

②ゆっくりと離離します

5回が目安。 左右それぞれをします

げきもんのツボ・不安や焦りなどのストレスに


不安や焦りなど、心理的なストレスの解消。

場所は、腕の内側、手首と肘の真ん中から 親指一本分手首よりのところ。

①ゆっくり押してイタ気持ちいいところで3秒ほどキープ。

②ゆっくりと離離します

5回が目安。 左右それぞれをします

緊張する場面の前などに押すと良いそうです。

スポンサーリンク

足三里のツボ・胃の不調や足の疲れに


胃の不調や足の疲れなどの解消。お正月食べ過ぎてしまったという方にぴったりのツボだそうです。

指で L 字を作り、膝の皿の上に固定します。

場所は、 中指のあたる横の骨の部分。

こちらのツボは力が入りにくい場所なので、指を重ねて押してください。

①ゆっくり押してイタ気持ちいいところで3秒ほどキープ。

②ゆっくりと離離します

5回が目安。 左右それぞれをします

三陰交のツボ・生理に伴う不調、冷えやむくみなど


生理に伴う不調や冷えむくみなどに良いそうです。

場所は、内くるぶしのてっぺんに小指を置き 、人差し指の関節がある当たり。

①ゆっくり押してイタ気持ちいいところで3秒ほどキープ。

②ゆっくりと離離します

5回が目安。 左右それぞれをします

以上の四つのツボで身体全体の不調が改善できるとのこと。

※ツボを押す場所は、だいたいのエリアで良いそうです。

さんちくのツボ・目の疲れなど

番外編として教えてくれた目の疲れに良いというツボです。

眉頭の内側のくぼんだ部分にあるツボだそうです。

親指終わって斜め上の方向に、ゆっくり押していくと良いとのこと。

スポンサーリンク

あさイチ【ツボ・東洋医学で体の不調に効く4つのツボ】まとめ

こちらでは、あさイチで教えてくれたツボ・東洋医学で体の不調に効く4つのツボについてまとめてきました。

ツボを押して体のバランスをとっていきたいですね♪