2017年12月4日 のあさイチは、はやく気づいて!のどの老化。のどトレのやり方を動画で解説! 風邪でもないのに咳き込む、飲み込みづらい、そんなのどの違和感ありませんか?

もしかすると“のどの老化”のサインかもしれません。

放っておくと、年間8万人が亡くなる誤嚥性肺炎のリスクにつながるかも…

40代からできる対策をご紹介!

スポンサーリンク

あさイチ 喉の老化が誤嚥性肺炎のリスク!

のどの衰えは40代から??

老化とか落ち込みますよね・・・

飲み込む動作のトレーニング

嚥下トレーニング

筋力が衰えるので、のどがうまく収縮しなくなる

弱りきったあとの改善は難しいそうなんです

介護の現場にいた際、誤嚥は本当に多かった・・・

食べ物を美味しく食べ続けるためにも

衰えさせたくない!

のどの筋力!

スポンサーリンク

あさイチ  簡単のどトレ ごっくん筋!

では、どうすれば筋力の衰えを止めることが出来るのか??

飲み込む動作は胎児のときにトレーニングしている

そもそも、どうしたら飲み込めるのかわからない・・・


・どうしたら飲み込むことができるのか考えて鍛える

1日30秒簡単のどトレ!

1,水を一口、口に含む

2,喉に力を入れて、のどぼとけ上げて5秒キープ

ゴックン筋を鍛える

将来衰えないように鍛えておくことが大切

食べ物でやると誤嚥したら困るので水で行う

喉仏ではなく、その上

女性は分かりにくいが、飲み込む時 動くところ

そこを5秒止める×6回

スポンサーリンク

あさイチ 喉の筋力低下が誤嚥性肺炎のリスク!

むせるからことで、筋力低下に気づくという方も・・・

誤嚥性肺炎を防ぐためにのどトレを!

誤飲性肺炎、年間8万人の死者

70代でも鍛えられる

唾すら飲み込めなくなる

下向いて飲み込む

上向くと気道が開く

のどぼとけ上げて5秒キープがこんなに大変だとは思わなかった。

ちょっと練習しよう。

長引く咳は風邪じゃないんじゃないか?

と疑うことも必要

夜間に唾液を誤嚥することで気づかないこともある

自覚がないまま誤嚥してしまう病気

脳梗塞だそう

まとめ

12月4日のあさイチは、喉の老化が誤嚥性肺炎のリスク!

むせる事が増えたら、のどトレ!

20代の頃からあったなあ・・・

気をつけて飲み込もう。 誤嚥性肺炎

歳とともにあちこち筋トレせねば維持できないんですね。

なかなかタフな長生きの道 年取るってタイヘン!