小学校になると、保護者と先生が話をする機会も減りますよね。

 

大抵は、文章でのやり取りが多いのではないでしょうか?

 

小学校にもなると、連絡帳は出欠のみのやり取りしかしない方もいますよね。

 

今回は、みんなが進級初日には、どのような先生への挨拶をしているのか、いくつかの例文を挙げてみますね。

 

是非、参考にしてみてください。

 

初日の書き出しは?

進級し、新学期も初日を迎え、新しい先生になり、先生との相性や勉強内容、色々なことが始まる日で不安になりますよね。

 

親としては、わが子のために先生への挨拶は、しっかりしたい方も多いのでは?

 

しかし、先生としては、当日はすべてが新しくなり、先生の生徒とコミュニケーションをとるために尽力しています。

 

もし、当日に先生への挨拶をするのであれば、短い文章で分かりやすくが一番良いのです。

 

では、進級の初日で先生への挨拶は、どのように書いているか例文で見てみましょう!

 

特に要件がなければ、一般的な簡単な挨拶として、

リラウタ

はじめまして。○○の母です。

これから1年間、宜しくお願いいたします。

 

お仕事等をされており、児童クラブを使用したり、要件がある場合、

リラウタ

はじめまして。○○の母です。

私は、仕事をしております。何かあれば、すぐにご連絡していただければと思います。(ここは一部の例であり、要件を簡潔にこのように要件を簡潔にが良いです)

これから1年間、宜しくお願いします。

先生は、当日は忙しいため、確認印のみになることが多いと思います。

次の日もしくは、数日後に連絡帳に挨拶をすると、先生もゆっくり丁寧に返信してくれることが多いですね。

 

長文になる場合は、学校が終わってから直接電話でもしくは、先生に直接お会いして伝えることをお勧めします。

 

文章というのは、書き方によっては、とり方が人によって全く異なるからです。そして、文章はとても冷たく見えるものです。

大切なことを伝える場合は、直接お話しするようにしましょう。

 

では、連絡帳には、実際どのようなことを書いているのか、次に見てみましょう!

 

 

 

連絡帳に保護者はどんなことを書いてるの?

では、実際に連絡帳をどのように使っているのでしょうか?

幼稚園の時には、こまめに書いていたのではないでしょうか?小学校になったら、あまりこまめに書いていたら、クレームになるのでは?とか面倒な親だなと思われるのでは?と思うかもしれません。

実際に使用している方の書き方の内容を項目でまとめてみました。

  • 新学期初めと終わり、進級の際の挨拶
  • 出欠報告や変更事項、健康状態について
  • 初期の疑問に思う友達関係や勉強等のわが子の変化
  • 成長等でうれしかったこと等

このような項目が多いようです。

友達関係や勉強については、初めの確認くらいは連絡帳で行い、ほとんどは、電話や直接会ってお話することが多いです。

先生としても、長々と書かれても受け取り方が変わってしまい上手く伝わってなかったが良くあります。

本当に大切な事は直接お話しするようにしましょう。

では、先生としては、連絡帳はどのような活用をしてほしいと思っているのでしょうか?次にまとめてみました。

先生が連絡帳で知りたい情報・内容は何?

 

先生との繋がりは、どの親でも大切にしたい。できたら繋がりたいと思いますよね。連絡帳もたくさんの活用をしても良いのです。

たくさんの出来事を毎日書いていくのもよいでしょう。先生もうれしいことだと思います。

ただ、本当に大切なお知らせがあった場合に、見落とすことが出てくるかもしれません。

ほとんどの人が連絡帳には、出欠事項や体調面の連絡、あいさつに使用している方が多いようです。

一部の先生に質問すると、このように言われたことがあります。

連絡帳には、出欠や見学などの報告。体調のこと。児童クラブの変更。子供のいつもと違う変化を主に書いてもらうと、重要と思い目に留まりやすいです。と言われました。

もちろん、すべてに目を通していますが、短く簡潔に書かれた方が、伝わりやすいようです。

成長を書いてくれる方には、連絡帳以外に、自由帳を作り、子供の短い日記を書いてきてくださいと言われました。

そこに、母親からのコメントがあっても良いそうです。先生もコメントを短文で返してくれますし、コミュニケーションにもつながりますね。

最近多いは、計画帳にミニ日記がついており、そこに毎日2・3行の日記を書いている子が多いです。

新学期には、子供自身もミニ日記に挨拶を書いてる子もたくさんいます。連絡帳と併用して子供も先生への挨拶ができとても有効な使い方ですね。

たくさんコミュニケーションが取りたい方には良いと思います。

では、連絡帳に記載する例文を次にあげてみましょう。

 

小学校の連絡帳の書き方例文を5つ紹介!

実際使っている方の連絡帳の書き方の例文を多いものから5つ挙げてみました。

  • お世話になります。本日○○度の熱があるため、欠席いたします。連絡帳は○○くんへ渡してください。宜しくお願いいたします。
  • お世話になります。本日体調が悪いため、○○は見学お願いいたします。
  • お世話になります。体調不良後のため薬を持たせています。できれば服用の際に確認お願いいたします。本日も宜しくお願いします。
  • お世話になります。本日は、○○のため○時に早退をお願いします。○時にお迎えにいきます。宜しくお願いします。
  • お世話になります。○○が最近元気がありません。家にも学校のことを話してくれません。何かあったのでしょうか?お電話いただけないでしょうか?

このように、ほとんどの方が欠席、体調面などの報告に使っているようです。

生活面の質問には、電話くださいと一言書いていると先生も確認して電話をくれます。

質問のみで終わると連絡帳内で完結してしまう場合があります。(例えば、様子を見てみます。や確認してみま。)

親としては、そのような回答は望んでいません。連絡をくださいの一言は大切ですね。

【新学期】小学校の先生への挨拶の書き方は?進級初日の例文のまとめ

 

新学期初日の先生への挨拶および連絡帳の使い方や書き方の参考になりましたか?

子供の環境は日々変わります。親としてもとても心配ですよね。

進級し新学期を迎えるとクラス替えで友達も先生も変わります。先生へはしっかり伝えたいことは、日ごろから伝えましょう。

しかし、心配なことは、書面上ではなく、直接会ったり電話で伝えましょう。

挨拶や事務的な事項は、連絡帳をしっかり活用されるとメリハリが付き先生にも伝わりやすいですね。

日々の出来事については、先生に意見も参考に、日記帳や自由帳の活用も良いですね。

親子で新学期も楽しい学校生活を送りましょう。