毎日の食材の買い出しや外出、2歳児の小さな子供を一緒に連れて行くと大変ですよね。

買い物先であれが欲しいこれが欲しいと言ってみたり、じっとしていられず走り回ったりと、「わかる」と共感する親御さんもたくさんいらっしゃるのではないかなと思います。

そこで今回は2歳児連れの買い物がどうして大変なのかの解説や、どうしたらもっと楽に買い物できるかを紹介させていただきます。

スポンサーリンク



2歳児連れの買い物が大変な理由は?


2歳児は自己主張が強くなり始める時期です。

2歳児との買い物、大変な理由をみていきましょう。

1. カートに乗らない


カートに乗せて、ゆっくり商品を見ようとしても、まずカートに乗ろうとしません。

じっとしたくないので、自分で歩いたり走ったりして遊びたい、お菓子をみたい、と思ってしまうのでしょう。

2. 買いたい物を放さない


お菓子売り場には、たくさんの種類のお菓子がずらりと並んでいます。

よく行くお店なら、子供はおそらく、どこに何があるのか把握しています。

自分でそこまで行って、買いたいお菓子を手に取り放そうとしません。

よりによって、400円や500円のお菓子を手に取ったら、親はもう大変ですよね。

先日買い物していた時も、2歳くらいの男の子が高そうなお菓子を手に取り、お母さんに棚に戻されたのですが、レジでお会計待ちしている間ずっと大泣きしていました。

お母さんは周りの人に申し訳なさそうにし、お会計が終わるとすぐにお店を出ていきましたが、それを見てやっぱり2歳児と買い物に行くと大変なんだなぁと感じました。

3. 好きな商品の前から離れない


2歳児の女の子だと、お化粧品にも興味を持ち始めます。

ドラッグストアなどに行くと、ファンデーションやリップ、チークなどが試せるように、テスターが置いてあります。

2歳児の女の子の場合、そこでずっとテスターで遊びたい、顔に塗りたいと女子力満載でいうことを聞かない場合もあるようです。

そうすると、お買い物が終わっても30分でも1時間でも、そこを離れようとせず、無理やり連れて帰ろうとすると泣きだしたりします。

スポンサーリンク


買い物が大変!寝ている2歳児を置いて買い物に行くのはアリ?ナシ?


連れて行くと買い物に集中できないので、子供が寝ている間に買い物に行こうと頭をよぎることはありませんか?

しかし、2歳児を置いての買い物はやめましょう。

2歳児というのは、なんにでも興味を持ち始める時期です。

・ママがいない間に起きてしまいガスで遊んでしまった

・ママがいないから不安になり勝手におうちのカギを開けて外に出ちゃった

なんてこともあります。

少し前も寝ている子供を家に置いて外出し、起きた子供が親を探そうと外に出て、マンションのベランダから転落してしまうという事故が起きました。

そんな事故を絶対に起こさないためにも2歳児の子供を置いて買い物というのは、まだ早いのではないかなと感じます。

子供を連れての買い物が大変。

でも買い物する際は一緒に連れていったほうがが安心です。

スポンサーリンク


2歳児との買い物は体力勝負!今だけと割り切って宅配を利用するのもあり!


2歳児の子供との買い物は、まさに体力勝負です。

買い物から帰ってきて、お料理をする体力もなく疲れ切ってしまった。

という経験もあるのではないでしょうか。

個人的な話になりますが、私は今6歳の娘がいます。

今でこそ落ち着いたものの、2歳児の時は、やっぱりじっとしていられず、買い物中にぐずり始めることも多くありました。

お菓子を買いたがったりと、買い物から帰ってころには疲れ切っていました。

その話をママ友にしたところ、宅配サービスを提案されました。

毎回ではなくても、お米やお水など重いものを買い物しなければならないとき、ゆっくり商品を見たいけど子供を連れての買い物のため、ゆっくり見られないときなどに利用しているといっていました。

私もママ友に聞いてから宅配を利用するようになりましたが、子供を連れた際の買い物の負担が格段に減りました。

スーパーへの買い物は、足りないものだけを買い足しに行くので、子供もグズらずに付き合ってくれるように!

ワーキングマザーやご老人、今や買い物に行きたくても行けない人のため、宅配サービスは探せばたくさんあります。

自分に合った宅配サービスを利用できるといいですね。

まとめ

2歳児というのは、0歳、1歳児と比べ物にならないほど体力的にも精神的にも、より一層パワフルさを増します。

もちろん子供を連れて買い物へ行って、商品を実際に手に取って買い物するに越したことはありません。

だけど2歳児となると、なかなか親の思い通りに行動してくれません。

そこで怒ったり、お互いストレスになりながら買い物をするより、必要に応じて宅配を利用するのは、賢い選択です。

上手に利用し、より良い家事、子育てができるといいですね。