毎日の食事の準備にスーパーへ行ってお買い物。

走り回るのが楽しくてたまらない、2歳児を連れていくことを考えると、スーパーへの足が遠のきます。

ただでさえ毎日の家事や育児が大変なのに、2歳児のまだ小さい子供を連れての買い物って、本当に大変ですよね。

そこで今回は、2歳児の特徴や買い物をスムーズに済ませるコツなど、ご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク



2歳児の特徴は?


2歳児と言ったら、だんだんと自我が芽生えてなんにでも興味を持ち始め、なんでも自分でやろうとしますね。

抱っこを嫌がり始め興味ある場所へ勝手に行ってしまったり、まだできないのにお母さんの家事を手伝ってみたり…。

それはそれで、とても喜ばしくかわいらしいなと感じますが、忙しいママにとっては、毎日これでは少し大変だし疲れちゃいますよね。

2歳児といえば、イヤイヤ期に入る年ですね。

以下は2歳児の特徴、ちょっぴりママを困らせる2歳児あるあるをまとめてみました。

1. どこでも寝転ぶ

2歳児と言えばイヤイヤ期。

2歳児連れてお買い物に行きさあお会計と思うと「ママこれかって~!」と…。

「今度にしようね。今日は我慢しよ」と言うとその場で寝転び猛抗議…なんて子もいますよね。

2. なんにでも興味を持ち始める

2歳児は目に付いたものを、すぐ手に取りたがりますね。

それがハサミやフォークなど、先のとがったものでも。

そこで親は「これは危ないからないないしよ」と取り上げようとすると地団駄踏んで猛抗議です。

すねて手に取っていたものを、ポイと捨てたりしますね。

3. 公園へ行きたいとぐずる

ママは買い物へ行きたい、子供は公園で遊びたい。

なんて困ったこともよくありませんか。

「じゃあ少し公園で遊んでからお買い物行こー」といって遊ばせると、いつまでたっても遊んじゃいます。

「そろそろお買い物行こー」、「ヤダまだあそぶのー!おかいものいやー!」なんてこともありますよね。

買い物中に走り回る子供にうんざり・・・


2歳児と言ったら、とってもエネルギッシュ!

とにかく、じっとしているのが、嫌なんです。

場所関係なく、走り回るのが大好き。

公園で走り回るのは、大いに構いません。

これが店内になると、かないませんよね。

カートに乗せて買い物しようとしても、もう2歳児にもなると、カートを嫌がり始める時期です。

カートには乗ろうとしません。

手をつなぎ、店内に入り買い物しようと思うと、店内着いたとたん、つないでた手を放し一人で走り回ってしまったりと、2歳児を連れての買い物って本当に大変です。

店内へ着いて、毎回走り回る2歳児に、うんざりしてしまいますよね。

2歳児との買い物をスムーズに済ませるコツは?


では、どうしたら2歳児との買い物を、スムーズに済ませることができるのでしょうか。

早速見ていきましょう。

1. 買い物前にお約束

2歳児と言っても、もう言葉がわかりますので、きちんと言ってあげれば理解します。

お買い物前に、お約束をしておきましょう。

「お店の中では走らないよ、触っていいのは買う物だけだよ、お店の中ではママと手をつなごうね」など、お出かけ前にお約束をします。

このお約束をきちんと守れたら、大げさなくらい褒めてあげると、達成感を得ます。

もし守れなかったら、買い物は一旦中断した方が良いでしょう。

中断し、ママとのお約束を再確認、わかってくれたら再度お買い物、再確認してもぐずったらその日は一旦帰りましょう。

2. ダメな理由を説明する

頭ごなしに、ただ「走っちゃダメ!」や「それ触らないよ!」と言うだけでは、どうしてダメなのかがわからず子供は繰り返します。

・お店の中を走ったらどんなことになるか

・周りのお買い物してる人たちはどんな気持ちになるか

・どうして商品は触ったらダメなのか

理由を説明してあげることによって、子供はダメなんだと理解し、ママに禁止されていることはしなくなることもありますよ。

※毎回の買い物にストレスを抱えてしまうというママは、ネットスーパーや宅配の利用を検討してみるといいかも。

☆食材宅配サービスお試し一覧

>>【栄養士の献立】ヨシケイお試しキャンペーン実施中!

>>生協の宅配パルシステム★おためしセット購入

>>らでぃっしゅぼーやのお試しセット

>> kit Oisixお試しセット

毎日の家事や育児だけでも、本当に大変な仕事です。

ママ自身のご機嫌を取るのも大事なこと!

落ち着いて買い物できるときは、必ず来ますから^^

まとめ

2歳児になるまでは、買い物中も、あんなにおとなしくて楽だったのに、2歳児になったとたん、もう大変!って思いますよね。

でも、2歳児がおとなしくしていられないのは、当然なのです。

色々なものに興味を持ち始め、見たい、触りたい、という感情が芽生えます。

これも成長なんだと思い、大変と嘆くより、どうしたら2歳児ともっと楽しく買い物ができるか、考えることで遊びを絡めながら、楽しくお出かけできるといいですね。