2018年6月9日の世界一受けたい授業は食中毒の特集です!

梅雨の時期は、ジメジメと湿度が高くなるので食中毒には注意が必要ですよね。

この時期に最も注意するべきお弁当のこと・食中毒要注意の弁当おかずランキングも紹介されますよ。

毎日のお弁当作りの参考になりますね。

という事で今回は、世界一受けたい授業で紹介の食中毒要注意の弁当おかずランキングの解説と、食中毒になりにくい体に変える食べ物についてまとめていきます。

スポンサーリンク



世界一受けたい授業で食中毒特集

世界一受けたい授業で食中毒について紹介されました。

梅雨時期の食品の管理や保存法。

食中毒の原因菌は100度で4時間煮ても死なないなんて聞いたことはありませんか?

そんな話を聞いたら、作り置きなんてできなくなっちゃいますよね。

今回は、実験で判明…食中毒要注意の弁当おかずランキング!

食中毒になりにくい体に変える食べ物についても紹介されるので、期待が高まります♪

食中毒になりにくい体に変える食べ物があるなんて、思ってもみなかったので嬉しい情報^^

自分で作った食事で食中毒なんて出したくありませんから、しっかりまとめながら勉強したいと思います!

食中毒に気を付けよう!

食中毒に気を付けたいもの

麦茶


麦茶はたとえ冷蔵庫に入れていても菌が増殖するのだそう。

麦茶を作る場合、水出しと煮だす場合とがありますよね。

菌が増殖しやすいのは、煮だした麦茶だといいます。

実験の結果によると、2日目までは差はありませんが、3日目からは爆発的に増えるそう。

ポイントは温度!

煮だした麦茶を作るときは、そのまま放置して冷ますのではなく、水で冷やして素早く冷ますと菌を増やすのを止めることができるとのこと。

スポンサーリンク


食中毒要注意の弁当おかずランキング


実験で判明…食中毒要注意の弁当おかずランキング!

お弁当を作っている人がこの時期心配なのが、食中毒。

食中毒の症状が一番多くなるのは、6月から7月なのだそうです。

6月や7月の梅雨の時期に食中毒になりやすい理由は、暑くなりはじめたことによる免疫力の低下や高温多湿な気候が関係しているとのこと。

食中毒というと腐ったものを食べたら患うイメージが強いですが、そんなことはないそうです。

腐ったものやカビが生えてなくても食中毒は起きるのだといいます。

では、皆さんが気になる要注意の弁当おかずランキングを紹介していきます。

食中毒要注意の弁当おかずランキング

・食中毒要注意の弁当おかずランキング

4位:唐揚げ

3位:肉じゃが

2位:ハンバーグ

1位:ポテトサラダ

食中毒予防にひと手間、ハンバークを作る際に酢を小さじ1くらい混ぜ込むと、酢酸の抗菌作用で菌が増殖しにくくなるそうです。

ポテトサラダには、カレー粉を混ぜると良いそうです。

カレーに含まれるターメリックが防腐効果のクルクミンが含まれるので、カレー風味に仕上げることで菌が増殖しにくくなるとのこと。

食中毒になりにくい体に変える食べ物

食中毒になりにくい体に変える食べ物とは?

週3回納豆を食べるとo-157とか食中毒になりにくい体になることが期待されるそう!

O-157と納豆菌なら納豆菌が勝ち。

スポンサーリンク


まとめ

今回は世界一受けたい授業で放送の食中毒要注意の弁当おかずランキングや食中毒になりにくい体に変える食べ物についてまとめてきました。

高齢者や妊婦さん、お子さんがいる家庭は特に注意が必要ですよね。

家族の健康を守る主婦には、とても参考になる情報でしたね♪