子供がインフルになって数日…

冷蔵庫の食材も切れ、そろそろ買い物に行かなければ…。

子供を見る人がいないからインフルの子供を置いて短時間で買い物を済ませてきてもいいものか?

お留守番が初めてのお子さんの場合、特に悩んでしましますよね。

そんなママの疑問にお答えできるよう、今回は子供を置いて買い物に行ける判断の目安をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク



子供を連れての買い物は大変!連れて出るのが常識なのはわかるけど・・・


子供を連れて買い物するのが常識なのはわかるけど、子供を連れての買い物って、とっても大変ですよね。

買い物中に、トコトコ一人で店内探検しに行っちゃったり、お菓子を買いたがったりで、おとなしくしてくれないから買い物に集中できないなんてこともありますよね。

買い物に連れて行くのが常識なのはわかるけど、買い物は一人で行かせて…というのが、世のママたちの本音なのではないかなと思います。

個人的な感想になりますが、ある程度の年齢になり、以下の条件、約束を守れれば短時間のお留守番をお願いしても良いのではないかなと思います。

ママとの約束を守れる


ママがお出かけ中、知らない人がインターホン鳴らしてもドアを開けちゃだめ、火は使っちゃだめ、などお母さんから禁止されていることをしっかりと守れる子なら短時間のお留守番をお願いできるのではないかなと思います。

お留守番することを公言しない!

子供なので、特に初めてのお留守番となるとなんだかウキウキして周りの子に言いたくなるかと思います。

しかそ、いつ、どこで、誰が聞いているかわからないため、お留守番をすることを公言するのはやめましょう。

○○日、○○さんの家は子供だけになる…と悪いことを考える人もいるかもしれません。

緊急時のことを決めておく


事故、災害、留守番中に予期せぬ出来事が起きるかもしれません。

いざというときの約束事を決めておきましょう。

災害時に一緒に避難してくれる近所のママ友に「もしものとき」の対応を事前に話し合うことをおすすめします。

お互いが「もしものとき」の対応をお願いしておくと良いでしょう。

スポンサーリンク


インフルや感染症の子供を置いて短時間で買い物を済ませるのはあり?


インフルや感染症の子供を置いての買い物は、例え短時間でもおすすめしません。

しかし、数日インフルだと、買い物に全く行かないわけにもいかないですよね。

どうしても買い物に行かない状況になってしまった場合、子供の年齢や体調によって見極めましょう。

乳児や幼児


まず乳児や幼児の場合、子供だけを置いて買い物に出るのはやめたほうがいいでしょう。

どうしても買わなければいけないものがあるならば、旦那さんや家族に頼むなど出かけないで済む方法を見つけましょう。

ネットスーパーなら単発の利用もできて特売品も購入できるので、そういったサービスを利用するのもおすすめです。

玄関先まで届けてくれるので安心♪

小学校低学年の場合…


インフルの小学校低学年の子供を置いて買い物するのは、お子さんの理解度と体調によるのではないでしょうか。

体調が悪いときというのは、心細いものですから、お子さんが留守番を嫌がるようなら止めておいたほうが良さそうですね。

小学校中学年・高学年の場合…


小学校中学年や高学年になると留守番を経験しているお子さんも多いですよね。

しかし普通の留守番ならまだしも、高熱を出したインフルの子供が一人で家にいるのは異常行動なども心配されますね。

そうはいっても、最近は共働き家庭が多いですから、大きくなってくると子供の熱に毎回ついていられませんよね。

スポンサーリンク


子供を置いての買い物は季節や年齢も考慮して!


子供を家に置いて買い物することは、決して悪いことではありません。

しかし、季節や年齢を十分に考慮する必要があります。

下記では、特に気を付けなければいけない季節、年齢をご紹介していきたいと思います。

夏…


夏は家でも脱水症状になります。

特に子供は、のどが乾かないからと言って水分を補給しないと脱水症状になってしまうため、真夏に子供を置いて買い物へ行くのはおすすめできません。

冬…


冬は、夏のような脱水症状というのはあまり心配ないのですが、暖房だけでは寒いからと、石油ストーブを付けて、子供だけで過ごさせるのはとても危険です。

このようなことから、冬は火の元の管理ができない子供を置いて買い物へ行くのはおすすめしません。

年齢…


上記にも記載しましたが、自己管理がままならない乳幼児の子供を置いて買い物に行くには止めた方がいいでしょう。

万が一のことがあってからでは困りますし、少し体調がよくなるまでは宅配などを利用して過ごすといいですよ。

そして今回のようにインフルとなると、小学生の子供を一人家に置くのは、まだ早いのではないかなと思います。

留守番「ナシ」というのは、インフルの際であって、普段の留守番の場合だとまた話は変わりますよね。

留守番中に親との約束をしっかり守れる子なら、小学生の低学年からお留守番している子もいます。

ルールが守れないと危険な目に合うこともあるので、親子できちっと守れるように確認することが大事ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。どの親も、インフル、感染症の子供を置いて買い物へ行くのは気が引けるし、家での子供の様子が頭から離れないでしょう。

実際、インフル、感染症の子供を置いて買い物へ行くことは、おすすめできません。

しかしどうしても行かなければならない用事、買い物がある場合は致し方ないです。

それでも親しい近所の人や、親せきが近くに住んでいるようでしたら、一言声を掛けておくと安心ですね。