12月29日のよゐこの無人島0円生活2017 元祖無人島芸人・よゐこ vs 破天荒のナスD。破天荒ナスdと濱口のやっぱりやめましょうシリーズが面白すぎたので紹介いたします。ナスDのサバイバル能力高すぎな発言!!普通の人間には真似できませんから!

スポンサーリンク


よゐこ濱口とナスDのやっぱりやめましょうシリーズ!①

無人島でシーカヤックに乗っていた頃の話

遠くに見えるフェリーで行くような島を指差したナスdが

「濱口さんあそこまで行きましょう。行ってください」

えげつない距離だった。

濱口が渋ると

「いや行けますよ。僕行ってきましょうか?」

と言って一人で漕いでいったナスD

最初はすごい勢いで漕いでいったけど、明らかに海流にどんどん流されてしまった。

「たすけてくださーーーい」

と呼ぶナスD。

偶然通りかかった漁船に濱口が合図を送りナスD救助。

戻ってきたナスdは・・・

「濱口さん、やっぱ無理っすねー。止めましょう」

濱口は「当たり前やろ!!!だから言うたやん」

スポンサーリンク


よゐこ濱口とナスDのやっぱりやめましょうシリーズ!②

1万円生活で濱口がチーズで作ったおにぎりを持って山ごもりして食べようという話に。

景色がいいところで食べるつもりでいた濱口。

しかし、あたりは土砂降りの雨、雷雨。

滝もヤバイ水量に・・・

帰ったほうがいいんじゃないかという話になったが、ナスdは

「いや、行けます」

と、どんどん山の中に入っていく。

山の出っ張りの丸い岩があったのを見つけたナスdは

「濱口さんあそこで撮ったら良い画になります。あそこ行ってください!」

足を滑らせたら真下は滝壺。

しかも岩だらけの場所。

「あの丸さは座れないから無理。立てもしない」

と断るが引かないナスD。

「いや濱口さんなら行けますよ。じゃあ僕が見本見せますんで」

と向かったナスDはしゃがんだ瞬間に滑り落ちた。

身体能力の高いナスDはヒョロヒョッロの根っこみたいな枝につかまって

「濱口さん!やっぱり危ないからここはやめましょう!」と^^;

ナスDってなんで今でも生きてるんだろう?

レベルの話が多すぎる。

滝つぼ落ちる前に枝キャッチってマンガの世界の話

スポンサーリンク


無人島0円生活誕生秘話


濱口がナスDにブチ切れた事件

1ヶ月1万円生活中の出来事

よゐこライブの稽古があって出かけようとした濱口

しかしナスdから

「節約中だからここ離れたらダメですよ」

といわれてしまった。

濱口も稽古なのでダメも何もないとライブあるしと引き下がらなかった

それを聞いたナスdも

「節約中だからここ離れたらダメですよ。ここにいてくれないと困りますよ」

とクレイジーな発言をし続けるナスD

振り切って部屋を出てロケバスに乗った濱口についてくるナスD

「だめです!行ったら」

揉めたまま車が発車

行く行かないの押し問答の中・・・

高速でナスdが「もうここで降ります!」

濱口も口では「降りろやー」と言いながらドアを必死で閉めていた。

そして3日間外出禁止の無人島生活に・・・

濱「「ナスDと喧嘩して出来た番組が、よゐこ対ナスDで対決して年末放送されるんや」

有「とろけるチーズの意地の張り合いやな」

有野寝ぼけて、とろけるチーズの意地の張り合い

無人島生活、ナスDとよゐこ濱口のケンカ話

ナスDほんと凄い 人間離れしてる

裏話全部少年みたい

ナスDと濱口最強人

ナスDのやっぱりやめましょうシリーズ!

人間離れしすぎててもう恐怖・・・

ナスDの身体能力もさる事ながら知識の引き出しの多さも驚く

よゐこのナスD秘話聞くと、ナスD普段からかなりぶっ飛んだ人

よゐこにイかれてるって言われるんだから・・・^^;

濱口さんなんだかんだでナスD心配ぽいですね。

よゐこ濱口が話すナスD伝説

地球征服SPでは、よゐこ濱口から木村拓哉さんに全力坂とトマト生活をやらせたのはナスDこと友寄Dという話。

破天荒ナスDが木村拓哉さんにやらせた全力坂とトマト生活^^:

よゐこ濱口とナスDのやっぱりやめましょうシリーズ!が観てみたい

ナスDのやっぱりやめましょうシリーズ!これだけではないはず・・・

もっとあるのではないかと勘ぐってしまう^^;

よゐこ濱口とナスDのやっぱりやめましょうシリーズ!まとめ

無人島でロケするようになったのよゐこ濱口を監禁するためのナスDの策略だったとは・・・

ナスDとよいこじゃ、サバイバルのレベルが違いすぎるw

ナスDの『やっぱり止めましょう!』ネタもっと聞きたい!

高速道路での件は危ないけど

ナスDみたいなガチでおもろい人が10年以上もテレビの表舞台側に出てなかったことを思うと、芸人とかじゃないけど身近にいる人の面白さもちゃんと本物なのかと感じる。