2018年3月3日の人生の楽園で紹介されたのは故郷の佐賀県武雄市で豆腐屋さんを営む男性。

最近は昔ながらのお豆腐屋さんもあまり見かけなくなってしまいましたよね。でも、豆腐専門店の味は格別なんですよね~^^
個人経営の豆腐屋さんを見ると入りたくなる衝動にかられます。

今回紹介のお店の名前は、峠の豆腐や・豆腐処 若木屋さんです。
こちらでは峠の豆腐や・豆腐処 若木屋さんの場所や営業時間・メニューや口コミについてまとめていきます。

スポンサーリンク


人生の楽園で峠の豆腐や・豆腐処 若木屋


今回の人生の楽園では佐賀県の武雄市にある峠の豆腐や・豆腐処 若木屋さんが登場。店を営む髙岸修輔さん(62歳)さんは、50代の時に会社の業績が悪化したことから職を失うこととなった。

しかし、叔父からの経営する豆腐店の後継ぎがいないことから「後を継がないか」と声をかけられたといいます。

職人という職業に憧れがあったこともあり、子どもの頃から可愛がってもらった叔父夫婦への恩返しと考え豆腐職人になることを決意。

髙岸さんの家族は福岡で暮していましたが、家族の元を離れ叔父夫婦宅に居候しながら豆腐作りの修行。

2015年にお世話になった叔母と叔父が亡くなってしまったそうです。髙岸さんは「峠の豆腐や 若木屋」の跡継ぎをという叔父の願いを受けの2代目店主となりました。

若木屋には、先代の頃から働いてくれているベテランの豆腐職人や従業員がいることもあり支えられているといいます。

髙岸さんの豆腐つくりへ思いは熱く「木綿のかたさを残しながら、絹ごしに近いきめ細かい木綿豆腐」を作ることを目指し日々精進している。

峠の豆腐や・豆腐処 若木屋で使われている大豆は、地元・佐賀県産大豆フクユタカ。

秋に収穫した大豆が出回る時期の豆腐は香りが高く、おぼろ豆腐、ざる揚げ豆腐となる。

スポンサーリンク


峠の豆腐や・豆腐処 若木屋の場所やアクセス方法


画像引用:食べログ

店名:峠の豆腐や若木屋

店舗の場所:佐賀県武雄市若木町川古106-5

TEL:0954‐26-2626

峠の豆腐やさんというだけあって武雄市と伊万里市を結ぶ国道498号線の途中の山の中に店舗を構える。

営業時間について

えちおつま🚶さん(@mto.c)がシェアした投稿


営業時間は時期により異なります。

・夏期:3月~10月

営業時間→9:00~18:00

・冬期:11月~2月

営業時間→9:00~17:00

・定休日 毎週水曜日
※水曜日が祝日の際には営業。翌日木曜日が休みとなります。

駐車場:有り

スポンサーリンク


峠の豆腐や・豆腐処 若木屋のメニューは?


画像引用:https://wakakiya-tofu.jimdo.com/

・龍仕込み豆腐 400円

・寄せ豆腐 200円

・しそ豆腐 210円

・おぼろ豆腐 180円

・ざる揚げ豆腐 300円

・本厚揚げ豆腐 200円

・ごま豆腐 180円

・牛乳豆腐 210円

・おから 50円

※武雄温泉楼門朝市にも出店している。前日までに電話またはfaxで注文すれば、ざる豆腐などの販売もしていただけるそうですよ。

楼門朝市は 毎週日曜:朝7時ー9時

峠の豆腐や・豆腐処 若木屋の口コミは?

手作りの豆腐店は口コミを聞くまでもなく美味しいと思います!

スーパーなどで購入する豆腐と全然違うんですよね。

ネットでの反応を調べてみました^^

・一般的な厚揚げはギュッと詰まった感じの豆腐が使われるが、こちらの厚揚げはホロっと崩れる木綿豆腐。

・厚揚げは、表面はカリッとした食感で、中はホロっとした食感。

・何種類かを試食させてもらい、特に美味しかったのがピーナッツ豆腐、牛乳豆腐、胡麻豆腐。

・がんもどきや厚揚げも非常に美味しい。

・地元の方々にはなんてことの無いお店なのでしょうが、都内のスーパー豆腐を常食としては食べている者にしてはうらやましい限り。

近くに立ち寄った際には、お邪魔してみたいお店ですね!

まとめ

今回は人生の楽園で紹介された峠の豆腐や若木屋(佐賀)の場所やメニュー口コミなども見てきました。

先代から学んだ豆腐作りを毎日真剣に続け、安心安全の美味しい豆腐を多くの人に味わってもらおうと努力する髙岸さん。

豆腐にも旬の時期があるということで、大豆の香り高いおぼろ豆腐、ざる揚げ豆腐などを食べてみたいと思いました。

通販などはないようなので、現地に行った人だけのお楽しみですね^^