2018年2月26日(月)の名医のthe太鼓判で肺年齢チェック~あなたの呼吸は大丈夫?と題して、専門医も実践する咳を止めるスペシャルドリンクを紹介。風邪をひくとなかなか咳が抜けない時ってありますよね。そんな時にぜひ試してみたい「はちみつ+コーヒー」お味も気になるところですよね。今回は、名医のthe太鼓判で放送された咳止めに はちみつ+コーヒーのどんなところが咳に効くのかをまとめていきます。

スポンサーリンク


名医のthe太鼓判で咳止めに はちみつコーヒー?

咳を止める飲み物!「コーヒーにはちみつを入れる」という簡単な方法を紹介。名医たちも実践する内容だといいますから、これは期待ができそうですよね^^

咳がいつまでも続くと睡眠が妨げられたり、日常にも支障をきたすことがあります。できるだけ早く止めたい咳に、はちみつ+コーヒーが良いとのこと。

薬だけに頼らずに咳が止まるのであれば試してみたいですよね。

コーヒーはなぜ咳を止めるの?


・コーヒーに含まれているカフェインには交感神経を活発にして気管支を広げる効果がある。

・カフェインには咳のほか痰も切れやすくなる効果がある。

狭くなった気管支を拡げることで咳を和らげるということですね。

確かにコーヒー飲んだら咳が落ち着いてきた経験があります。そういえば知り合いには、咳が止まらなすぎてコーヒー買ってきたという人もいました。

まれに、コーヒーアレルギーの方もいるようです。おかしいなと思ったら医師の診察をお勧めします。


スポンサーリンク


咳が止まらずコーヒーを飲む時の注意点


コーヒーは咳を止める効果があるのですが、風邪などをひいてコーヒーを飲む際には気を付けたいことがあります。

風邪薬と併用して飲まないこと!

風邪薬の中にはカフェインが含まれています。さらにコーヒーにもカフェインが入っているので、両方を同時に飲むとカフェインの摂りすぎにつながります。

ですので、風邪薬を飲む時にはコーヒーをではなく水やカフェインの含まれていない飲料を飲むようにするといいでしょう。

はちみつは咳を止めるの?


・はちみつに含まれる殺菌効果

・粘膜保護効果

・疲労回復効果

・整腸効果

はちみつは殺菌効果があるため、家庭などで咳止めとして昔から使われています。のど飴にも、はちみつ系の商品が多いことからもわかりますね。

咳が続くとのどは乾燥します。乾燥することで咳が止まりにくくなったり、出やすくなります。こういった時には、はちみつを入れた温かい飲み物を飲むと咳も緩和されるでしょう。

アメリカでは、市販の咳止め薬よりもはちみつは効果があったというデータも出ているほど。はちみつは免疫力アップにもつながる天然の食品なので安心して使えますね。

はちみつの良いところを十分に取り入れたいなら非加熱のはちみつを使用するのがおすすめ。ティースプーン一杯のはちみつをそのままゆっくりなめると喉に直接作用がゆきわたります。

1歳未満の乳幼児には、はちみつは与えられません。ボツリヌス菌による死亡例があるので、はちみつは使用禁止です。

スポンサーリンク


咳を止めるには はちみつ+コーヒーとは?

はる芋さん(@spring_potato)がシェアした投稿


咳が止まらなと夜眠れなかったりするので辛いものですよね。

咳が止まらない時にはハチミツ入りのコーヒーを飲むとよいとのことです。

咳を止めるには はちみつ+コーヒーって知られてる?

咳を止めるには はちみつ+コーヒーって知られているのか?

まとめ

今回は名医のthe太鼓判で紹介の咳止めに はちみつコーヒーが効果についてまとめてみました。

咳が止まらない。でも病院に行ける時間ではないという時には試してみたい方法ですよね。

症状が長く続く改善されないという時には、医師の診断が必要になってきますので病院を受診されてくださいね。