– 2017年12月16日 放送の 世界一受けたい授業では、受験生の親がやってはいけない7つの行動!

日比谷高校の校長先生が教えてくださる教育の新常識

年が明けると本格的な受験シーズン・・・

受験生のお子さんを持つ親必見!

スポンサーリンク

世界一受けたい授業に日比谷高校の校長先生

今回の世界一受けたい授業では、日比谷高校の校長先生が伝えたい受験生をもつ親が絶対にやってはいけない7か条

東大合格者数・公立高校ナンバー・ワンの日比谷高校

世界でリーダーシップが取れる人材を育てるという

教室には黒板が3方向に設置され

生徒が授業をすることで表現力も磨かれる

受験直前期の保護者も必見!

受験生をもつ親が絶対にやってはいけない7か条とは?

スポンサーリンク

世界一受けたい授業に日比谷高校

本当に出来る子の育て方!

大学合格がゴールではない。

グローバルリーダーになれる人材を育てる

日比谷高校はリーダーを育成する教育で急成長

受験時期にぴったり

スポンサーリンク

受験生の親がしてはいけない行動!世界一受けたい授業

受験を控えた子どもにやってはいけないこと

受験前の親がしてはいけない事

①悲観的な事を言う

悲観的なことをいうとネガティブな思考回路になり自信がなくなる

悪い想像をする親に不信感を抱くようになる

逆に良い未来を想像させると良い

「あの大学に入るとこんな良いことがある」

といい方を変えるだけで信頼関係はアップする

②兄弟や他人と比較する

子どもを兄弟や他人と比較する

③親の価値観を押し付ける

親が信念を持っていることは問題ないが

親の気持ちを押し付けるのは良くない

結論は子どもに出させる

④模試の成績で判断する

模試の成績で全てを判断する

⑤子供の食事を作らない

子どもの食事を作らない

⑥受験会場までついてゆく

受験会場まで親がついていく

⑦子供の持ち物を無断で使用しない

子どもがいないスキに無断で持ち物を確認する

子どもとは言えプライバシーは尊重すべき

親が信頼すれば必ず子どもに伝わる

子どもは自分で考え正しい道を進む

学ぶ心に火をともす8つの教え 東大合格者数公立No.1!!日比谷高校メソッド

日比谷高校の奇跡 堕ちた名門校はなぜ復活し、何を教えているのか

受験生の親がしてはいけない行動! まとめ

子どもの自主性を尊重することも親の大事な役目

過保護になりすぎず突き放さず・・・

適度な距離感で寄り添う事が大事とのこと。

受験生の親がやってはいけない7ヶ条のほとんどをされてましたけど^^;

受験生も新高校生も親たちもインフル気をつけましょう

みなに良き未来が待っていますように…