中村アンちゃん主演のドラマ「ラブリラン」の主題歌はGENERATIONS from EXILE TRIBEの新曲「また、アシタ」が起用されます。ドラマって主題歌とセットで印象に残るので、とても重要な部分ですよね。
今回はドラマ「ラブリラン」のあらすじや主題歌についてまとめていきます。

画像引用:ラブリラン公式サイト

スポンサーリンク


ドラマ『ラブリラン』の主題歌はGENERATIONS

ドラマ「ラブリラン」の主題歌をGENERATIONS from EXILE TRIBEが担当することに決まりました。

主題歌は、ドラマを印象付けるものとして重要な役目を果たしますよね。

GENERATIONSの名前で知られていますが、正式なグループ名はGENERATIONS from EXILE TRIBEという7人組のダンスボーカルグループです。

スポンサーリンク


GENERATIONSのヴォーカル・片寄涼太のコメント

この度、僕たちの新曲「また、アシタ」をドラマ「ラブリラン」の主題歌に起用していただくことになり、大変嬉しく光栄に思います。この「また、アシタ」は短い春の訪れの儚さと暖かさを感じさせる楽曲で過ぎていく日々の中、同じ寂しさやもどかしさを感じていた2人が出会い、そして生まれた恋を描いています。せつなさの中に情熱や暖かさが滲んでいて、不安を希望に変えてくれる「また、アシタ」という言葉の力強さが印象的な不器用でぎこちない、けれど熱い想いを描いたラブストーリーとなっています。GENERATIOSにとって今までとはまた一味違う、新しいタイプのバラードになっています。この楽曲でドラマを盛り上げていければと思いますので、4月からスタートする「ラブリラン」是非楽しみにしていてください!

ドラマ「ラブリラン」の主題歌を担当するGENERATIOSの曲を楽しみにしている方も多いですよね。

だれもが悩むであろう恋心。

一筋縄ではいかぬドラマストーリーの中で登場人物たちの心が揺れ動く姿も主題歌と重なっていきそうです。

とても熱いラブソングになっているようですので、ドラマの流れも気になります目が離せませんね。

スポンサーリンク


ドラマ『ラブリラン』主題歌はGENERATIONSの「また、アシタ」

GENERATIONSが歌うドラマ『ラブリラン』主題歌は切ないバラードだといいますから、ドラマの展開も胸がギュッとしてしまう場面が多いのかなと予想します。

講談社Kissで連載されていた「ラブリラン」の主人公・さやかは30歳にして恋愛初心者。

ある日突然記憶をなくしてしまうというところからドラマのストーリーが始まります。

今回のドラマは漫画とは違ったストーリーも楽しめるとのことで原作を知っている方にもそうでない方にも楽しめる内容になっているのではないでしょうか。

キャストは、南さやかを中村アンちゃん、さやかの同僚で同棲相手・町田翔平役を古川雄輝さん、さやかの幼なじみで長年の片思いの相手・鷺沢亮介役を大谷亮平さんが演じます。

ドラマ「ラブリラン」の主題歌を担当するのは、ダンスナンバーで有名なGENERATIONです。

どんな主題歌になっているのか、ドラマ放送が待ち遠しいですね。

※関連記事

>>>ラブリラン動画1話~無料視聴・見逃し配信はこちらからご覧いただけます!

>>>ラブリラン中村アン衣装まとめ!着用アイテムはこちら!

>>>ラブリラン大政絢衣装まとめ!着用アイテムはこちら!

>>>ラブリランの古川雄輝がかっこいい!胸キュンで寝れなくなる危険も!

まとめ

今回はドラマ ラブリランの主題歌についてまとめてきました。

記憶喪失から始まるラブストーリーという事からも思いもよらないような大展開があるかもしれません。

2人の男性の間で揺れ動く不器用な主人公・さやかの恋の行く末も気になるところです。

☆肌の露出が増える時期にムダ毛対策は必須ですよね!

↓クリックで飛びます↓