1月18日放送ののフジテレビ奇跡体験!アンビリバボーでヤマロク醤油。ヤマロク醤油 「鶴醤・菊醤」 通販購入方法について。
ミシュラン三つ星のすし店でも使用されているという「ヤマロク醤油」。 五代続く老舗の伝統しょうゆは究極の危機があった。
伝統の 製造方法を守り抜く乗り越えた親子3代リレー。 ヤマロク醤油 お店の場所と 「鶴醤・菊醤」 通販購入方法。アンビリバボー1/18

スポンサーリンク


奇跡体験!アンビリバボーでヤマロク醤油


香川県小豆島で脚光を浴びる醤油メーカー 「ヤマロク醤油」

機械で工業的に大量生産するやり方が主流の現在も江戸時代から続く伝統の「木おけ」による製造方法を続けている。

戦後の高度経済成長により、日本でも安く大量にモノを作る技術が重宝された。

木おけ作りの「ヤマロク醤油」も十数年前には倒産の危機に。

その窮地を逆転の発想で救ったのが五代目の山本康夫さん。

小豆島ヤマロク醤油さんの再現ドラマ。

小豆島ヤマロク醤油「鶴醤・菊醤」

100年後の未来に向けて、 寿命のある木おけを作り続けるために立ちはだかる壁。

絶対に裏切らない組み合わせ。

ヤマロク醤油 鶴醤・菊醤・ぽん酢

使い続けた桶には塩が吹き、蔵に住む蔵付き酵母が代々の味を作り上げる

150年前の巨大木桶で仕込む醤油蔵

一度仕込むと再仕込みなら3〜4年はかかるから、人気が出ても増産はできない。

全国から注文が殺到する人気商品・ヤマロク醤油が売れる秘訣は手間ひまかけた丁寧な仕事。 もろみ蔵見学も。

お餅焼いて、お醤油塗って食べれる贅沢。

ヤマロク醤油さんでアイスクリーム醤油がけも美味しそうです。

こちらは醤油プリン。

ヤマロク醤油ではポン酢も人気!

スポンサーリンク


ヤマロク醤油 「鶴醤・菊醤」

食通の間では知られた逸品のようです。

ヤマロク醤油 の通販購入方法

ヤマロク醤油 の通販購入方法。

ヤマロク醤油 は通販で購入することが出来ます。

ヤマロク醤油 取扱店・デパートなど

職人醤油の取扱店

・松屋銀座店

東京都中央区銀座3-6-1
松屋銀座 地下2階
TEL 03-3567-1211
営業時間 10時~20時

・前橋本店

群馬県前橋市西片貝町5-4-8
TEL 027-225-0012
営業時間 10時~18時
月曜定休

ヤマロク醤油の場所

香川県小豆郡小豆島町安田甲1607

TEL:0879-82-0666

こちらからもお取り寄せや通販の購入ができます。

>>>ヤマロク醤油ホームページ

ヤマロク醤油 もろみ蔵見学

もろみ蔵見学体験

毎日使う醤油。

意外と知られていない醤油のこと。

身近な醤油に少しでも興味を・・・という願いから普段見ることのできない『天然もろみ蔵』の見学体験を受け入れているとのこと。自然の中でゆっくりと行われる昔ながらの醤油造りの様子。そして、自然の力がつくり出す醤油の仕組み。おいしい醤油をつくるための秘訣などもの知られざる醤油の奥深き世界を紹介。

見学料:無料

予約も必要なし

突然のご訪問でも対応してもらえるそうです。

小豆島に行った際には立ち寄って見てくださいね。

※もろみ蔵を見学されるお客様に店主からのお願いがあるそうです。見学に行く前に、納豆は食べないでほしいとのこと古来より醤油醸造所では納豆が御法度。本来もろみを育てる酵母菌や乳酸菌は、熱や乾燥、塩分に強く、他の菌が死滅する環境の中でも生き抜いてきた、とても強い菌たち。しかし、唯一納豆菌(最強)だけには弱い。ご理解とご協力をお願します。

ARATAさん(@anjereec)がシェアした投稿

見学の後には、やまろく茶屋でゆっくり。

ヤマロクオリジナルの 『醤油デザート』

まとめ

今回は1月18日に奇跡体験!アンビリバボーで放送のヤマロク醤油についてまとめてきました。

やはり昔ながらの手法で手間ひまかけて作られた商品は貴重です。

発酵食大事にしたい、じっくり味わいながら頂きたいものですね!

スポンサーリンク