ママ友たちと持ち寄りでのホームパーティー!仲の良いママ友と子供たちもつれてワイワイするのは楽しいですよね。

・何を持っていけばいいか…。
・手の込んだ料理は苦手…。
・子供が喜ぶメニューがいいよね…。
・子供連れでおじゃまする時に気を付けることって…。

そんな風に悩んでいませんか?

こちらでは、そんな方にもおすすめ!子供連れのホームパーティーで気を付ける点や、ぴったりの持ち寄り料理を紹介していきたいと思います。
 

持ち寄りのホームパーティー料理選びのポイントは?

 
持ち寄りホームパーティーって、何を持っていけば喜ばれる?

なにを持っていけばいいか、わからない。

そんな方に、料理選びのポイントを紹介させていただきます。
 

ポイント① 自分が日ごろ作っているものを持っていきましょう!

人様に食べてもらうなんて不安…と手の込んだものや、おしゃれにしなくても大丈夫です。

日頃作っている家庭料理や、家族に好評の料理を、作って持っていけば大丈夫です。

高価なものじゃなきゃ…とか、慣れないものを作って失敗するより、いつも家庭で作っているお料理で問題ないと思います。

ポイント② 手に取りやすいもの

では、いつも家庭で作っている、または家族に好評の料理の中から、どんな料理を選べば良いのでしょうか。

持ち寄りのホームパーティーでは、テーブルの上に様々な料理が並びます。

取り皿に、好きなものをちょっとずつ取っていくのが主流です。

なので、一口サイズだったり、手やお箸などでつまめるものがいいと思います。

汁気のあるものよりは、ピザやサンドイッチなど、お皿の端にちょんと置けるような、手に取りやすい料理を選ぶと良いかと思います。

ポイント③ サラダ、オードブル、おかずにも主流にもなるもの

サラダやオードブルなどは失敗がないし、バリエーションも豊富に作れます。

ピザやサンドイッチ、巻きずし、いなり寿司は手に取りやすく、おなかの足しにもなります。

お酒も出る会でしたら、唐揚げや枝豆など、おつまみも良いと思います。
 

子供も喜ぶホームパーティーの持ち寄り料理はこれ!

 
ホームパーティーの持ち寄りに最適な料理は、手に取りやすいものや一口サイズのもの。

では、それらも踏まえて、子供たちが喜ぶ料理をご紹介します。

1  フライドポテト

パクパク食べられちゃうフライドポテトは、つまみやすいということもあり、子供たちが喜ぶこと間違いないでしょう。

2 ピンチョス

こちらは、THEパーティー料理!という感じですね。

一品ずつ、爪楊枝や串にさしてあるので、子供たちも食べやすいですね。

3  おにぎらず、おにぎり

アレンジができたり鮭やおかか、昆布など色々な具が入っているという楽しみもありますし、何よりおなかにたまります。

4  サンドイッチ

食パンだけでなく、ロールパンに切り込みを入れて具材を挟むと、種類が豊富で豪華さがアップします。

5 クラッカーとディップ

鮭とクリームチーズ、アボカドディップ、明太子とクリームチーズなど、数種類のディップを作っておくと子供たちも喜ぶと思います。
 

子供連れでホームパーティーに行く際の注意点は?

 
せっかく呼んでいただいたホームパーティーですので、子供連れで失礼のないようにしたいですね。

どのようなことに注意したらいいでしょうか。

こちらでは、初めてホームパーティーに参加する方、また普段何気なく参加している方に、ホームパーティーの服装や当日の手伝いなどで、気を付けておきたいことを紹介させていただきます。

1.服装

<避けたほうが良い服装>

露出が多いもの…あまり派手になりすぎてしまうと悪目立ちしてしまいます。

短い丈のスカート…床に座っていることがわかっている場合などは、スカートよりもパンツスタイルにしたほうが良いかと思います。

袖の広がるもの…お料理の取り分けや片づけをお手伝いするかと思いますので、その際、袖を汚してしまうかもしれません。

<オススメの服装>

 派手すぎず、ラフ過ぎない服装を目指すと、つい失敗の少ない黒、白、近などのモノトーンカラーを選びがちですが、せっかくのパーティーなので、 重すぎないよう、柄物を選んだり、小物で明るめの差し色を入れるなど、工夫すると良いと思います。

2.髪型

 髪が長い方は、髪の毛が落ちるのを防ぐため、軽くまとめておくほいが良いでしょう。

また、香りの強いヘアスプレーは避けましょう。

3.足元・靴

 脱ぎにくく、履きにくいロングブーツは、玄関が込みあう原因になってしまうため、避けたほうが良いでしょう。

素足もNGです。

必ず靴下やストッキング、タイツ等履くようにしましょう。

4.バッグ(荷物)

 あまり大荷物を持ち込むことのないようにしましょう。

ママ友の人数が多い場合や、お部屋の広さによって、荷物スペースがあまりない場合もあります。

ほかのママ友たちの邪魔にならないよう、できるだけ手荷物は少なめに、お邪魔するようにしましょう。

5.香水

せっかくのお料理の邪魔になるような、香りのキツイ香水は、避けるようにしましょう。

6.お手伝い

招待された側だからと言って、ママ友の家にお邪魔して、ただ食事やお酒を楽しんでいれば良い、というわけではありません。

かといって、勝手に他人の家やキッチンを動き回るのも、NGです。

ママ友のお宅に到着したら、何かお手伝いできることはないか、一声かけるようにしましょう。

料理の準備は、招待者側がやってくれる場合でも、料理を取り分けたり食器を片付けるなど、ちょっとした心配りができるようにしておきましょう。

また、子供を連れたホームパーティーなので、自分の子供はもちろん、ほかのお子様にも目を配り、子供と一緒に遊んであげると良いでしょう。

そうすることで、招待者側は他のママ友へのおもてなしに、集中することができます。

7.料理

持ち寄りで持っていく料理は、ほかのママ友たちと、かぶらないようにしましょう。

そのため、事前にだれが何を持っていくか、確認しておくと良いと思います。

まとめ

今回は、子供連れの持ち寄りホームパーティーで、喜ばれる料理や注意点などをまとめてきました。

せっかく集まる機会ですから、気を遣いすぎるよりも、どうしたらみんなで楽しい時間が過ごせるかを考えることが大切ですね。

こちらでお伝えしたポイントや注意点を参考に要点だけ押さえて、あとは子供たちとパーティーを楽しんでいただけばうれしいです。

開いてくれた人に感謝の気持ちも忘れずに伝えましょう。