予約殺到!スゴ腕の専門外来SPで紹介されたひざ痛の病院はどこなのか?ひざ痛を抱えていると歩くのも大変ですよね。少しでも良くなるのであれば遠くても良い先生・名医に診てもらいたいものです。今回は予約殺到!スゴ腕の専門外来SPで紹介されたひざ痛の病院について紹介していきます。(2018年4月10日放送)

スポンサーリンク


予約殺到!スゴ腕の専門外来


予約殺到!スゴ腕の専門外来は、名医が続々登場し最新治療法を紹介するという番組。

からだに痛みを抱えながらの生活はとても苦痛なもの。

痛みさえなければ、できることがたくさんあります。

特に歩行するたびに感じるひざ痛は悩ましい問題ですよね。

これからの長い人生を考えたら少しでも改善するならば良い病院にかかりたいのは誰もが考えることだと思います。

スゴ腕の専門外来  ひざ痛の病院はどこ?


スゴ腕の専門外来 ひざ痛の病院はどこなのか調べてみました。

注射1本ひざ痛治すとのことなので 魔法の液体と呼ばれるのもわかる気がしますよね。

膝の治療は手術を何度も繰り返したり、リハビリもなかなか大変だと聞きます。

ひざ痛があるとどうしても動きが慎重になるため、運動不足にもなりやすくなるといいます。

痛みがない状態は誰もが望むものですよね。

現在のところ「スゴ腕の専門外来sp」が放ひざ痛の病院の送前のため、詳細が出ていませんでした。

※更新いたしました!

ひざ痛の病院は東京文京区にある順天堂大学医学部付属順天堂医院。

新たな治療法を研究しているのがサッカーのなでしこジャパンのドクターとして関わる整形外科医の斎田良知先生。

順天堂大学医学部付属順天堂医院 ひざ痛治療は?

魔法の液体と呼ばれる注射はPRPというものだそう。

PRPとは多血小板血漿、血小板を通常の2倍以上の濃度で含まれている液体のこと。

・炎症を抑える作用
・組織を再生する作用

この両方が関節炎を治すとのこと。

ひざの関節は関節包と呼ばれる袋でおおわれ中は関節液で満たされている。

ここにPRPを注射することで鎮痛成分を発生させ痛みを取り払う。

関節包内の細胞を活性化させ失われていた軟骨の再生を促すそうです。

注射のあと20分ほど横になってPRP浸透させると、痛みが和らいでいくとのこと。

現在は保険適用外のため3万~6万円くらいかかるそうです。

スポンサーリンク


ひざ痛におすすめのサポート

ひざ痛の名医の病院がわかったけれど、遠方でなかなか通えないという方もいると思います。

いくらいいお医者さんがいるからといっても、たくさんの時間と交通費をかけて出向くのは大変なことです。

こちらではひざ痛におすすめのサポート商品を紹介していきます。

痛みがなく自分の足で歩くという事は将来的に考えても大事なことですよね。

痛みを放置したままでいることで、年齢を重ねてから自力歩行ができなくなってしまうお年寄りを数多くみてきました。

体のバランスが安定すると歩く姿勢が安定するため、腰やひざへの負担が減ります。

足の指にはめて足裏にある足底筋(そくていきん)を鍛えることで美しい歩き方に近づくのではないでしょうか。

まとめ

今回は2018年4月10日放送のスゴ腕の専門外来 ひざ痛の病院はどこなのかについて紹介してきました。

身体の痛みはどこであってももツライものです。

これからの生活が少しでもいい方向に向かうよう痛みを解消させていきたいですね。

※関連記事

>>>スゴ腕の専門外来・腰痛専門医の病院はどこ?
>>>スゴ腕の専門外来しびれ専門医の病院はどこ?
>>>スゴ腕の専門外来 ひざ痛の病院はどこ?
>>>スゴ腕の専門外来ぜんそく最新治療の病院はどこ?